過熱するスマートハウス開発の意外な盲点

従来のスマートハウスは非常時に役立たなかった!?

積水化学が5月1日に発売した「グランツーユー V to Heim」。これまでのスマートハウスの弱点を克服した

東日本大震災以降、住宅大手各社が開発を加速しているスマートハウス。太陽光発電(PV)にHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)や蓄電池などを組み合わせることで、平常時の省エネはもちろん、非常時の電力確保にも役立つという点が特徴だ。

ただし、従来のスマートハウスには思わぬ難点があった。これを克服した次世代のスマートハウスを5月1日に発売したのが、「セキスイハイム」ブランドで戸建て住宅を手掛ける積水化学工業である。今回の新商品「グランツーユー V to Heim」は電気自動車(EV)とPVとの連携システムを標準搭載しており、エネルギーの自給自足を目指すと同時に、大規模停電時の安心感を大幅に向上させたという。

PVとEVの連携に難点

EVに貯めた電気を家庭に給電して利用するシステム「Vehicle to Home」(V2H)については、2012年ごろから自動車会社も含めて開発競争が激しさを増している。EV搭載のバッテリーは住宅用蓄電池に対して数倍の蓄電容量を持つうえ、コスト面でも比較的安価であり、V2Hはスマートハウスの進化した一形態として期待が大きい。

ところが、積水化学によると、従来のV2Hでは、EVの大容量蓄電機能を十分に生かし切れない難点があった。車から家へ給電する際には、電力会社の系統電力網への影響を回避するため、商用電力を遮断し、瞬時停電が発生する。その結果、家電製品のタイマーがリセットされたり、作動中の家電が止まったりするなどの不都合があった。

次ページ難点はほかにも
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。