過熱するスマートハウス開発の意外な盲点

従来のスマートハウスは非常時に役立たなかった!?

積水化学が5月1日に発売した「グランツーユー V to Heim」。これまでのスマートハウスの弱点を克服した

東日本大震災以降、住宅大手各社が開発を加速しているスマートハウス。太陽光発電(PV)にHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)や蓄電池などを組み合わせることで、平常時の省エネはもちろん、非常時の電力確保にも役立つという点が特徴だ。

ただし、従来のスマートハウスには思わぬ難点があった。これを克服した次世代のスマートハウスを5月1日に発売したのが、「セキスイハイム」ブランドで戸建て住宅を手掛ける積水化学工業である。今回の新商品「グランツーユー V to Heim」は電気自動車(EV)とPVとの連携システムを標準搭載しており、エネルギーの自給自足を目指すと同時に、大規模停電時の安心感を大幅に向上させたという。

PVとEVの連携に難点

EVに貯めた電気を家庭に給電して利用するシステム「Vehicle to Home」(V2H)については、2012年ごろから自動車会社も含めて開発競争が激しさを増している。EV搭載のバッテリーは住宅用蓄電池に対して数倍の蓄電容量を持つうえ、コスト面でも比較的安価であり、V2Hはスマートハウスの進化した一形態として期待が大きい。

ところが、積水化学によると、従来のV2Hでは、EVの大容量蓄電機能を十分に生かし切れない難点があった。車から家へ給電する際には、電力会社の系統電力網への影響を回避するため、商用電力を遮断し、瞬時停電が発生する。その結果、家電製品のタイマーがリセットされたり、作動中の家電が止まったりするなどの不都合があった。

次ページ難点はほかにも
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 買わない生活
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT