空前の不況下でもサバイバーになれる条件とは

「ハケンの品格」の篠原涼子演じる「コア的」志向

リモートワーク時代は、どのような働き方が求められているのでしょうか(写真:Kazpon/PIXTA) 
人事コンサルタントとして、1万人以上のビジネスパーソンの昇格面接や管理職研修を行い、300社以上の企業の評価・給与・育成などの人事全般に携わってきた西尾太氏による連載。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

正規雇用になるのは、実は難しいことではない

総務省統計局が2020年5月に発表した「労働力調査」によると、役員を除く雇用者5661万人のうち、正規の職員・従業員数は3508万人と、前年同期に比べて51万人の増加。非正規の職員・従業員は2153万人と、9万人が減少していました。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

「非正規雇用から正規雇用になるには、どうしたらいいのでしょうか?」

私は非正規雇用の方々からこのような質問を受けることがあります。この数値が表しているように、実は正規雇用になるのはそれほど難しいことではありません。

私は2000人以上の企業の経営者や人事担当者と交流があります。ほとんどの企業が人手不足に悩んでおり、明るく元気で素直な人なら、いつでも雇いたいと話しています。大手は難しいかもしれませんが、中小やベンチャーはつねに人材を求めています。

もちろん「きれいなオフィスで働きたい」「この仕事以外はしたくない」といった選り好みをするのなら、そう簡単になれるものではありませんが、選びさえしなければ、正規雇用される道はいくらでもあります。

ただ、上記のデータは2020年1〜3月期の平均です。4月7日に発令された緊急事態宣言や休業要請などによって日本の雇用情勢は大きく変わりました。今後しばらくは厳選採用が続くかもしれません。

そうした状況を踏まえたうえで、非正規雇用から正規雇用になるためには何が必要なのか、大事なポイントをお伝えしたいと思います。

参考:総務省統計局 労働力調査(詳細集計)2020年(令和2年)1~3月期平均結果
次ページオペレーターからコア志向にシフトチェンジ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT