勝者なきビール消耗戦、怒濤の新商品攻勢でも縮む国内市場

勝者なきビール消耗戦、怒濤の新商品攻勢でも縮む国内市場

「これまで取り組んできたことが形になった。とても晴れ晴れした気持ち」

1月15日、2009年のビール類シェアで9年ぶりにトップに返り咲いたキリンビールの松沢幸一社長は、かみ締めるように喜びを語った。会見にはスーツの上に黄色いジャンパーを羽織って登場。看板商品である第3のビール「のどごし〈生〉」の店頭営業用のユニフォームだ。

アサヒビールに首位を奪われて以来9年間、後塵を拝してきたキリン。近年は第3のビールを伸ばして僅差(きんさ)まで追い上げてきた。09年は主力ブランド「一番搾り」のリニューアルを断行し、発泡酒のシェア拡大にも努めて接戦を繰り広げた。

最終的な勝敗を分けたのは、不況という“追い風”だった。ビールより酒税の低い「第3」の市場が2割以上も膨らんだことで、この分野で4割を超すシェアを握る「のどごし」が快走。キリンを首位へと導いた。

サッポロは値下げ

だが、手放しで喜べない。業界には目下、寒風が吹き荒れる。少子高齢化に加えて、急激な景気悪化で需要減少が止まらない。ビール5社が発表した09年のビール系飲料の出荷数量(課税ベース)は前年比2・1%減と、5年連続で過去最低を更新。首位のキリンでさえ、数量は前年割れとなっている。

今年も状況は変わりそうにない。それどころか、消費者の財布のひもは固くなるばかりだ。今や「同業のみならず、娯楽や通信などもライバル」(アサヒビールの池田史郎・酒類本部マーケティング本部長)と厳しさは一段と増している。

その中で、第3のビールだけは話が別。引き続き成長が期待されており、ビール各社は拡大を見据えて矢継ぎ早に新商品を投入する。主力ブランドに加えて、個性の異なる「もう一本」を投入すれば数量は稼げる。“高価”なビールの減少を補うだけでなく、新規客の開拓につなげたい考えだ。

各社ともなりふり構ってはいられない。すでに「麦」や「コク」など風味の多様化が進んでいるが、今年は細分化に一層と拍車がかかる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。