ネットで騒然、恐怖「きさらぎ駅」はどこにある?

静岡のどこかに?小説、漫画、アニメにも登場

「きさらぎ駅」で注目される遠州鉄道(写真:Tossy/PIXTA)

「きさらぎ駅」という駅がある。いや、正確に言えば「ない」。日本国内の鉄道駅には、そのような名前の駅はないのだが、「その駅で降りた」という話がある。2004年に匿名掲示板「2ちゃんねる」(現在は「5ちゃんねる」)のオカルト板「身のまわりで変なことが起こったら実況するスレ」に寄せられた都市伝説だ。

この話が7月1日に民放のバラエティー番組で再現ドラマ仕立てで放送されたところ、ツイッターのトレンド1位になるほどの反響を呼び、7月22日にはその「続編」まで放送された。

気になるストーリーは?

きさらぎ駅のストーリーを簡単に解説しよう。ハンドルネーム「はすみ」さん(以下敬称略)が、深夜23時23分に「いつも通勤に使っている電車が、20分くらい駅に停まりません。いつもは5分か長くても7~8分で停車するのですが停まりません。乗客は私のほかに5人いますが皆寝ています」という投稿をしたことが発端である。

2ちゃんねるのスレッド参加者が「はすみ」に質問したことで、「新浜松駅からの電車で、静岡県内の私鉄(条件を満たすのは遠州鉄道だけだ)。乗り間違えたかも」「運転席には目隠しがあり、車掌も運転手も見えない」「普段トンネルなどないのに、トンネルを出てから速度が落ちた」「乗ったのは23時40分発の電車」と、状況が明らかになって行く。

そして「はすみ」は、聞いたこともない無人駅「きさらぎ駅」に停車し、その駅で電車を降りたと報告する。きさらぎ駅には時刻表がなく、駅名標に他の駅名も見られない。駅周辺には人家などは何もなく、タクシーなども見当たらない。

「はすみ」は線路を歩いて帰宅しようとするが、怪奇現象は続く。遠くの方から太鼓と鈴の音が聞こえ、後ろから「線路を歩いたら危ないよ」と声を掛けられる。振り向くと、片足の老人がいて、そのまま消えてしまう。「はすみ」は、近づいてくる太鼓の音に近づこうと、伊佐賀トンネルを抜け(遠州鉄道には全線トンネルはない)、その先に立っていた「親切な方」と出会う。

次ページ「逃げる」と書き込み、消息絶つ
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT