スキー場に活気を取り戻せ! ライバル2社が販促でタッグ

スキー人気の衰退に何とか歯止めをかけられないか--。2008年度、全国のスキー場利用客は延べ約3億人。その数はスキーブームに沸いた1994年の4割にも満たず、折からの不景気で今季も利用客増は見込めそうにない。そんな中、スキー場運営の大手ライバル2社が手を結び、話題を呼んでいる。

共同プロモーションに乗り出したのは、苗場や軽井沢など10のスキー場を経営する最大手プリンスホテルと、ニセコや那須など同じく10カ所を手掛ける2位の東急リゾートサービス。11月に両社のスキー場で共通して使える前売りリフト券を販売したところ、売り上げは前年比20%増を達成。リフト券の値崩れが止まらない中、3000円と前売り券としては高めの設定だが、18ものスキー場で使える利便性が消費者の心をつかんだ。

新たなファン開拓でも手を組む。ここ数年、スキーブームを謳歌した世代が自らの子どもを連れてスキー場に戻ってくる現象が見られたが、その“特需”も終焉が近い。そこで今冬は両社6施設でリフト券も含む無料ジュニアレッスンを開催。来季からは共同でファミリー向けパンフレットを制作する。両社スキー場の利用客数は年間合計で延べ500万人、シェア12.5%(08年度)に上る。業界トップ2社の挑戦によって、スキー場は再び活気を取り戻せるか。
 
(堀越千代 =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。