日本企業の雇用活動はやや回復だが、世界的に見れば消極性が目立つ

日本企業の雇用活動はやや回復だが、世界的に見れば消極性が目立つ

日本企業の純雇用予測は、来2010年第1四半期は今09年第4四半期に比べ、1ポイント増加。業種別では7業種中6業種で雇用意欲が改善。地域別では名古屋が回復基調にある。

総合人材サービスのマンパワー・ジャパンは、10年第1四半期(1~3月期)における企業の雇用計画を調査し「マンパワー雇用予測調査」を発表した。

同調査によれば、10年第1四半期に09年第4四半期より雇用数を「増員する」と回答した企業数の割合(%)から「減員する」と回答した企業数の割合(%)を引いた純雇用予測は−1%。09年第4四半期に比べて1ポイント増加となった。

業種別に見ると7業種中6業種(「金融・保険・不動産」、「製造」、「鉱工業・建設」、「公共・教育」、「サービス」、「卸・小売」)で、雇用意欲が改善している。特に製造業は+7%と3四半期ぶりに増加に転じた。一方、「運輸・公益」は−18%と調査開始以来の低水準だった。消費低迷で物流が低迷したことや海外旅行や海外出張が手控えられたことが原因。「運輸・公益」業界はしばらく低調な雇用活動を続けると見られる。

地域ごとに見ると名古屋が+4%とプラスに転じた。名古屋はトヨタ自動車を中心とした自動車産業の立ち直りから、雇用活動が明らかに回復基調にある。一方で、大阪は前四半期よりマイナス幅が拡大して−2%。東京は前四半期から横ばいの−1%。名古屋の復活を尻目に大阪と東京の雇用低迷はしばらく続きそうだ。

アジアでは日本だけがマイナス

海外に目を向けるとアジアの好調さが際立つ。アジアの調査対象国で純雇用予測がマイナスとなっているのは日本のみ。そのほかの7カ国・地域(中国、香港、インド、豪州、ニュージーランド、シンガポール、台湾)は軒並み+10%超となっており、なかでもインドは39%と大幅な雇用改善が予想される。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。