中国アリババ、25兆円以上の時価総額に?

フェイスブックはもちろん、「ウォルマート超え」も

3月20日、中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングが米国に上場すると決定したことを受け、ロイターが金融12社を調査したところ、時価総額予想平均は1410億ドルとなった。浙江省の本社で2012年6月撮影(2014年 ロイター/Carlos Barria)

[香港 20日 ロイター] -中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングが米国に上場すると決定したことを受け、ロイターが金融12社を調査したところ、時価総額予想平均は1410億ドルとなった。このうち最も大きくなると予想したのは豪投資銀行マッコーリー・グループで、2000億ドルに達するとした。

アリババの新規株式公開(IPO)規模は、2012年の米フェイスブックの規模160億ドルを上回る可能性があるとみられている。

また、ロンドンに上場する金融サービス会社IGグループによると、同社が運営するグレーマーケットでは上場初日引け時点のアリババの時価総額は約2500億ドルに達するとの予想が示されている。

IGグループはこの水準が維持されるかは分からないとしているものの、トムソン・ロイターのデータによると、この水準に達すれば米小売最大手のウォルマート・ストアーズの時価総額2420億ドルを上回り、時価総額の大きさで世界10位に付けることになる。

アリババ株については、ソフトバンク<9984.T>が37%、米ヤフーが24%、それぞれ保有している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング