中国アリババ、25兆円以上の時価総額に?

フェイスブックはもちろん、「ウォルマート超え」も

3月20日、中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングが米国に上場すると決定したことを受け、ロイターが金融12社を調査したところ、時価総額予想平均は1410億ドルとなった。浙江省の本社で2012年6月撮影(2014年 ロイター/Carlos Barria)

[香港 20日 ロイター] -中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングが米国に上場すると決定したことを受け、ロイターが金融12社を調査したところ、時価総額予想平均は1410億ドルとなった。このうち最も大きくなると予想したのは豪投資銀行マッコーリー・グループで、2000億ドルに達するとした。

アリババの新規株式公開(IPO)規模は、2012年の米フェイスブックの規模160億ドルを上回る可能性があるとみられている。

また、ロンドンに上場する金融サービス会社IGグループによると、同社が運営するグレーマーケットでは上場初日引け時点のアリババの時価総額は約2500億ドルに達するとの予想が示されている。

IGグループはこの水準が維持されるかは分からないとしているものの、トムソン・ロイターのデータによると、この水準に達すれば米小売最大手のウォルマート・ストアーズの時価総額2420億ドルを上回り、時価総額の大きさで世界10位に付けることになる。

アリババ株については、ソフトバンク<9984.T>が37%、米ヤフーが24%、それぞれ保有している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT