あえて「格好悪いテレビCM」の好感度が高い理由

「本当のこと」の価値が見直されている

7位の花王『アタックZERO』には、イケメンぞろいの“#洗濯愛してる会”への入会希望者として“クセメン”(=クセの強い)俳優と呼ばれる坂口涼太郎が登場。CMでは、坂口が独特の口調でメンバーを上回るほどの洗濯愛や知識をアピールし場は盛り上がるも、肝心の入会は渋られてしまう。

「洗濯機2台持ちでもイケメンじゃないと入会させてもらえないのか?とツッコミたくなる」「洗濯愛を力説しているのに入会させてもらえないところが面白い」と、熱意が空回りしてしまう坂口の“残念”な様子がコミカルで、視聴者の笑いを誘った。

花王 アタックZERO 入会希望者篇 30秒 CM 松坂桃李、賀来賢人、間宮祥太朗、杉野遥亮(KaoJapan公式チャンネルより)

長瀬智也と清野菜名が戸建てを夢見る小学生に扮するシリーズが好評のオープンハウスのCMは15位にランクイン。戸建てを買ったことでクラスのヒーロー扱いを受ける同級生役の柄本明が同社のパンフレットを掲げると、英語が読めない長瀬が「オペン……」と言葉を詰まらせる。

柄本も「そうです! オペンホウセです!」と断言。2人の間違いに呆然とする清野の様子に、長瀬は「お前、オペンホウセ知らないのか?」と驚きの表情を見せるストーリーだ。小学生らしい読み間違いに加え、自信満々な長瀬につい笑ってしまったとのコメントが寄せられた。

「夢見る小学生 ライバル」篇(30秒)- オープンハウスTVCM(OpenHouseInc公式チャンネルより)

このほか、マイナビ『マイナビバイト』はバイトを探す侍に扮した吉沢亮が“空回り”をするCMをオンエア。吉沢が自分のスキルを生かせる求人を見つけて意気揚々と店に乗り込むが、同サービスを使っていち早く情報を得たラグビー日本代表の稲垣啓太に先を越されていたという内容だ。

昨秋より好評価を得ているAGCのCMも「なんだし なんだし AGC」のフレーズに乗せたコミカルなダンスで登場した高橋一生が、同社の素材品質に感動していると子どもたちに冷めた目でいちべつされてしまう様子を描いた。

応援したくなる心理を狙ったCMが好感度上位に!

人気タレントを起用して商品を美しく映すなど、洗練された表現でブランドイメージの向上に寄与している広告がある一方、あえて“残念”な姿や空回りを描いて親しみを持たせ、応援したくなる心理を狙ったCMもCM好感度の上位につねにランクインしている。

先行き不透明な景況や将来不安が拭いきれない今だからこそ、一生懸命取り組んでいるのに結果が伴わないといったリアリティーのある表現が共感を集めやすく、ブランドと消費者との距離を縮める近道になっているのかもしれない。

ただし、これらのCMは誰かを冷笑したり傷つけたりする“上から目線”ではなく、いずれもクスッと笑える等身大のユーモアによって前向きな読後感に仕上げられている。広告も人もつねに“映え”を意識するのではなく、時には肩の力を抜いて“格好悪い”姿を見せることが愛されるポイントのようだ。

次ページ【表】作品別CM好感度ランキングTOP30
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT