愚の力 大谷光真著

愚の力 大谷光真著

浄土真宗の宗祖である親鸞は、自分は煩悩にまみれた「凡夫」だと言い、その師である法然は「愚者になれ」と言った。「凡夫」「愚者」であることを自覚することによって人は救われると説くのが浄土教の教えの要だという。

ひるがえって、現代社会は歯止めなき欲望に突き動かされ、万能だと勘違いした自己中心的な考え方が横溢した揚げ句、生きづらい世の中になってしまったと著者である西本願寺24代門主は嘆く。

人間は愚かな存在であり、周囲に生かされているからこそ生きられるのだということを自覚することの大切さを説く。親鸞聖人の教えを手掛かりに、先行き不透明な現代社会をよりよく生き抜くための知恵を与えてくれる。

文春新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT