弘中綾香「まるで空気を読まない」異端児の魅力

神田伯山も認めた「ニュータイプの女子アナ」

さらに、2019年の8月31日には初の冠ラジオ番組『弘中綾香のオールナイトニッポン0』(ニッポン放送)も放送された。テレビ朝日のアナウンサーが、フジテレビの系列局であるニッポン放送で番組を持つのは異例のことだった。

弘中がバラエティ番組でここまで重宝される最大の理由は、見た目のイメージとは裏腹につねにサバサバした態度ではっきりものを言うからだ。これはテレビ局のアナウンサーとしては珍しく、女性アナウンサーの中ではもっと珍しい。

弘中がここまで強気な態度を貫けるのは「いつ辞めてもいい」と思っているからだ。というのも、そもそも彼女にはアナウンサーという仕事自体に憧れやこだわりがなかった。

最初は「総合職志望」だった弘中アナ

弘中はもともとアナウンサー志望ではなかった。テレビ局のアナウンサーの採用試験を受けたのも、総合職としての採用試験を受ける前の肩慣らしのつもりだった。ところが、採用試験の過程でその圧倒的なトークスキルが評価され、アナウンサーとして採用されることになってしまった。

弘中は学生時代、テレビに出るアナウンサーを見ていて「なんでこの人たちはこんなにつまらないんだろう?」と疑問に思っていたという。バラエティ番組でも、ほかの出演者は面白いことを言って場を盛り上げるのが仕事だが、アナウンサーは番組をスムーズに進行させるのが本来の役目だ。

しかも、基本的に個人事業主であるタレントと違って、アナウンサーはテレビ局の社員である。組織を背負っている以上、自由に発言をすることはできない。弘中も、自分がアナウンサーになってみて初めてその立場の難しさを実感した。

彼女はテレビ朝日に入社後、『ミュージックステーション』のMCなどをそつなくこなしながら、バラエティ系のアナウンサーとして経験を積んできた。そして、『激レアさんを連れてきた。』以降はそのキャラクターに注目が集まるようになった。

感情を露骨に顔に出し、好きなものは好き、嫌いなものは嫌いとはっきり言う弘中は、アナウンサーとしては異色の存在であるのは確かだ。しかし、本人としては「毒舌」のつもりはなく、言いたいことを言っているだけだ。女性アナウンサーは一歩引いて本音を言わないものだというイメージが定着しすぎているために、弘中だけが目立って見えるのだろう。

弘中の毒舌は「芸としての毒」というよりも、ただの悪口になってしまっていることもしばしばある。そういうところが調子に乗っていると思われたりもするので、人によって好き嫌いや評価が分かれる。

次ページ弘中が切り開いた「女子アナの新しい生き方」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT