宮崎駿に「ナウシカ」作らせた男の凄いハッタリ

鈴木敏夫の想い詰まった「仕事道楽」の魅力

ぜひ、つくり手の“想い”がこもった本を手に取ってもらいたいのですが、もう1つ、スタジオジブリの映画プロデューサー鈴木敏夫さんの『仕事道楽』も、ぜひここで紹介したい本です。

ジブリの成り立ちについて書かれた本なのですが、鈴木さんは元々、徳間書店の芸能誌の編集者でした。その後、アニメ誌をつくることになり、その編集長として異動するのですが、最初はアニメのことを知らなかったそうです。

そこで、女子高生たちにアニメの流行について聞くと、高畑勲さんの名前が出てきたため、高畑さんにインタビューを申し込みます。

すると電話で1時間くらいかけて、高畑さんから「なぜ僕があなたのインタビューを断るのか」を語られて、揚げ句に「この男ならインタビューを受けるかもしれない」として紹介されたのが、宮崎駿さんだったそうです。

この時点で面白いのですが(笑)、そこからジブリをつくっていく過程が本当に面白く、僕もプロデューサーとして勉強になりました。

『風の谷のナウシカ』誕生秘話

例えば『風の谷のナウシカ』が公開されるまでの裏話です。実は宮崎さんは、映画デビュー作でもある前作『ルパン三世 カリオストロの城』が当時、興行的に不入りだったため(今のような人気が出てきたのはテレビ放送などによる影響です)、しばらく映画製作にたずさわれなくなってしまいます。

『読書をプロデュース』(秀和システム)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

『ナウシカ』が劇場版アニメとして公開されたのは『カリオストロ』から5年後です。今では信じられない話ですが、その5年間“天才・宮崎駿”は干されていました。

しかし、宮崎さんを天才だと信じていた鈴木さんは、絶対に次回作をつくらせたいと思っていたので、まず自分の雑誌に『ナウシカ』の原作を連載させます。

そして、映画会社やテレビ局の人に「今このマンガが話題です」と誇張(ハッタリ?)して伝え、映画化を実現させたのです。

このように、自分が天才だと信じた人に、どうやって映画をつくらせるかという話が書いてあって、鈴木さんの強い想いに触れることができます。「専門家でなくても、頑張れば専門家になれるのだ」と。

どんな本なのか気になった方は、迷わずに買って読んでみてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT