小売店激減でも「生き残る店」の意外な共通点

ナイキの店舗に学ぶ「行きたくなる」店とは

ネット全盛の時代に生き残る店舗は、いったいどのようなものだろうか(写真:imtmphoto/iStock)

今、街の中から多くの店舗が姿を消している。日本では2000年以降、大手百貨店の閉店が続いており、近年では三越伊勢丹ホールディングスの店舗が相次いで閉店を決めた。さらに2019年には大手アパレル会社のオンワードが、国内外で全体の約2割に相当する600店舗を閉鎖することがニュースになり、大きな衝撃を与えた。

すでに地方の商店街では「シャッター通り」が珍しくなくなっているが、大型百貨店や有名アパレル店のほか、今は賑わっているショッピングモールであっても安泰ではない。

衣料品店が消える!?

アメリカでも、大型ショッピングモールが次々に閉店に追い込まれており、UBSが2019年4月に発表したレポートでは、2026年までにアメリカ国内で7万5000店もの小売店が閉店すると予測されているのだ。同レポートによれば、閉店する店の種類で見てみると、とくに影響が大きいのが衣料品店で、同期間で2万1000店が閉鎖の憂き目に遭うと見られている。

「アメリカの今を見れば日本の10年後がわかる」と言われるが、日本でも現実世界の店舗が消えていく流れは避けられそうにない。

一方、勢力を拡大しているのがネットショッピングである。楽天、Amazon、ZOZOTOWN、メルカリ……など、何かしら一度は使ったことがあるはずだ。

拙著『2025年、人は「買い物」をしなくなる』でも詳しく解説しているが、人々が「モノを買う」行動は、この数年で劇的に変化している。ここでは、なぜ人々は店舗での「買い物」から離れつつあるのか、そしてこれからの「買い物」はどうなっていくのかを解説したい。

次ページ「買う」という行為は、思いのほか面倒くさい
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。