銀座線渋谷駅、「乗り換え大混雑」どう解消する?

新設の歩行者デッキは緩和につながるか

乗り換えルートが変わったことで、階段の通行量はどの程度増えたのだろうか。国土交通省の「第12回大都市交通センサス調査」(2015年)の報告書を基に集計すると、井の頭線渋谷駅の降車客のうち、約29%が銀座線への乗り換え客だ。

現在の渋谷駅乗り換えルート。ピンク色の線が京王井の頭線から銀座線への経路だが、JR中央改札へも同じ経路となるため、途中の階段付近が混雑する(画像:東京メトロ)

同駅の1日平均乗降人員は36万2481人(2018年度)。半分の約18万人を降車客数と考えると、この約29%にあたる5万2000人ほどが新たにこの階段に流れ込んでいると推測できる。朝ラッシュ時の利用者数を1日の約2割と仮定すれば、従来と比べてラッシュ時だけで1万人程度は通行者が増えた計算だ。以前からJR線利用者で混み合っていた階段だけに、混雑するのは当然といえる。

東京メトロも対策は打っている。1月第3週の平日初日から、朝ラッシュ時には階段に係員を配置してロープを張り、上り側の通行スペースを拡大。また、百貨店のエスカレーターやエレベーターを経由して改札階に上る迂回ルートの案内も始めた。

ラッシュ時は、係員がエレベーターホールの手前に立ち「銀座線ホーム方面のエスカレーター、エレベーターはこちらです」と呼びかける。「(駅の移転当初から)もともと乗り換えに使えた経路だが、百貨店の許可を得て迂回ルートとしてPRすることにした」(東京メトロ広報)という。

ある程度は楽になった?  

これらの対策が功を奏しているのか、1月初旬と比べれば多少混雑は落ち着いてきたようだ。

前出の男性は「階段が『難所』だったが、エスカレーターへの誘導などでだいぶ分散されてきたように感じる。遠回り感はあるけど、エスカレーター経由は階段より流れがスムーズでいい」と語る。

銀座線渋谷駅(写真左)と、渋谷スクランブルスクエア(奥)の結節点。JR中央改札は右側だ(撮影:尾形文繁)

また、1月29日にはJRの中央改札エリアに、新しく「中央東改札」が開設される。同改札は昨年11月に開業した複合施設ビル「渋谷スクランブルスクエア東棟」の3階に通じる。同フロアは銀座線の改札口にもつながっている。

JR東日本は「中央東改札ができることで、JR線と銀座線の乗り換えが段差なしで可能になる」(東京支社広報)とメリットを説明。東京メトロも「乗り換えのルートが増えるので、混雑の分散に効果があるだろうと捉えている」と期待を示す。

ただ、中央東改札は混雑が問題となっている階段とは反対側。井の頭線方面からの乗り換えルートの混雑緩和につながるかは未知数だ。

次ページ東急東横店の解体後はどうなる?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT