年末年始に「婚活」市場が盛り上がる背景事情

1月に結婚相談所の入会者が増加する理由

『ゼクシィ縁結び』を例にとってみてみましょう。アプリ『ゼクシィ縁結び』のほか、結婚相談所『ゼクシィ縁結びエージェント』の会員数が増えるのもやはり12月から1月。2018年12月と2019年1月の結婚相談所の会員数を見ていくと、12月から徐々に増えていく会員数も1月には前月比127%になります。

マッチング率は?

アプリのマッチング率をみてみると、会員数のピークから少しずれた1月の後半ごろに向けて高まっていくことがわかりました。これは、年末年始に登録した方たちのお相手探しが、だんだんと実り始めていっていると言っていいでしょう。

マッチングとは、アプリの場合は、気になった人に対して好意を持っていることを示す「いいね!」を送り、その方から、好意を受け入れる意の「ありがとう」が返って来た状態のこと。マッチングが成立すると、アプリ上でのメッセージ交換などが可能になるので、いわば婚活の最初の1歩です。多くのマッチングアプリにこのような機能がついています。

次ページなぜ年末年始が盛り上がるのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。