年末年始に「婚活」市場が盛り上がる背景事情

1月に結婚相談所の入会者が増加する理由

『ゼクシィ縁結び』を例にとってみてみましょう。アプリ『ゼクシィ縁結び』のほか、結婚相談所『ゼクシィ縁結びエージェント』の会員数が増えるのもやはり12月から1月。2018年12月と2019年1月の結婚相談所の会員数を見ていくと、12月から徐々に増えていく会員数も1月には前月比127%になります。

マッチング率は?

アプリのマッチング率をみてみると、会員数のピークから少しずれた1月の後半ごろに向けて高まっていくことがわかりました。これは、年末年始に登録した方たちのお相手探しが、だんだんと実り始めていっていると言っていいでしょう。

マッチングとは、アプリの場合は、気になった人に対して好意を持っていることを示す「いいね!」を送り、その方から、好意を受け入れる意の「ありがとう」が返って来た状態のこと。マッチングが成立すると、アプリ上でのメッセージ交換などが可能になるので、いわば婚活の最初の1歩です。多くのマッチングアプリにこのような機能がついています。

次ページなぜ年末年始が盛り上がるのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT