年末年始に「婚活」市場が盛り上がる背景事情

1月に結婚相談所の入会者が増加する理由

年末年始は婚活が盛り上がるようです。なぜでしょうか(写真:Kazpon/PIXTA)

年末を控えた焦燥感と背中合わせでやってくる、新年への期待。“やりたいこと”“なりたい自分”――、そういった期待のなかには“人生を共にするパートナーとの出会い”を含んでいる方も少なくないでしょう。最近では、そんなパートナーと出会うための方法に多様性が生まれています。

リクルートブライダル総研の「婚活実態調査2019」を見ると、婚活サービス(ネット系婚活サービス、結婚相談所、婚活パーティ・イベント)を通じて結婚した人はこの10年上昇傾向にあり、今や8人に1人に迫る勢いです。

イベントが多い12月から活気づく婚活

そして実は、「婚活」が1年で最も盛り上がるのが、年末年始をはじめとした大型連休であることは、あまり知られていません。とくに顕著なのは年末年始です。クリスマスや大晦日などのイベントが多い12月から各婚活サービスの会員数は増加し、1月まで増加傾向は続きます。

今回は、その背景と、婚活サービスの中でも手軽に始められるマッチングアプリを使った婚活のコツをお伝えします。

次ページマッチング率は1月後半から増える!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT