グーグル携帯が日本向けにも有料アプリケーションの販売を開始、iPhoneの独壇場に切り込み

グーグル携帯が日本向けにも有料アプリケーションの販売を開始、iPhoneの独壇場に切り込み

グーグルは23日、同社のOS「アンドロイド」を採用した携帯電話向けに日本でも有料アプリケーションの販売を開始した。日本では、NTTドコモがアンドロイドを採用した携帯電話「HT-03A」を販売している。

グーグルは、アンドロイド携帯電話用のアプリを配布するサイトとして「アンドロイド・マーケット」を運営している。アンドロイド・マーケットは、アップルのiPhoneでのアップストアに相当するサービス。海外ではすでに有料アプリを販売していたが、日本の携帯電話ユーザーが有料アプリを購入して利用することはできなかった。今回の販売開始で、日本の利用者もアンドロイド・マーケットから日本円でアプリケーションを購入することが可能になった。

世界的に人気を博しているライバルのiPhoneは、端末からアプリケーション、そしてアプリケーションの販売まですべてアップルがコントロールする仕組み。技術仕様はもちろんのことビジネスモデルもアップルの統制下に置かれている。iPhone・アップストア上では、アップルの許可なしにはビジネスができない。
 
 これに対して、アンドロイドでは、端末もアプリケーションも販売もすべてオープン化されているのが特徴だ。電話機の開発はもちろんのこと、アンドロイド・マーケットでは、グーグルはアプリケーションの審査などは一切行わず、開発者が自由にアプリを登録・販売できる。有料アプリケーションの収益は、7割が開発者の収益とし、3割をグーグルが取得する。

日本のスマートフォン市場では、iPhone=ソフトバンクが圧倒的な販売台数を誇り、日本市場向けにも多くの有料アプリが販売されている。しかし、一方で、アプリ開発業者の間では、アップルの制約が厳すぎて収益につながっていないという不満も高まっている。
 
 グーグル=NTTドコモ連合は、端末やアプリの開発会社の自由度を高めるオープン戦略で、多様な機能・サービスの展開を促す方針だ。iPhoneモデルに満足できない開発者を取り込み、iPhoneの独走に歯止めをかけることを目指す。
 (丸山 尚文 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT