40代副業経験者が語る「意外すぎる落とし穴」

「予想外の事故」に遭う可能性だってある

40代の副業経験者が語る「メリット」「デメリット」を紹介します(写真: Fast&Slow / PIXTA)
働き方改革や年金問題などの影響もあり、日本人の多くが生き方を含めて自分にふさわしい“働き方”を見つめ直している。近頃そんな空気感が、そこかしこで漂ってやしないだろうか?
そこで今回は、最近注目を集めている副業にフォーカス。単なる小遣い目的か。いやはや、将来のためのスキルアップを見据えてか。やっぱり家族の幸せのため? 隣の40代男性の、気になる副業事情やいかに?

40代男性の副業経験者は3割弱

Qあなたは現在、副業をしている、またこれまでに副業をしたことはありますか?

・している 16.6%
・したことがある 11.2%
・していない 72.2%

今回アンケートをとった40代男性205人(既婚)のうち、副業している、あるいはしたことがあると答えた人が合わせて27.8%と3割弱。およそ3人に1人は副業経験者ということになる。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

総務省統計局が2018年に発表した有業者全体に対する副業者比率(2017年)は4.0%。そう考えると、全年代から見て40代男性の副業率は高いと言える。やはり40代は働き盛りなのか。では具体的にどのような仕事をしているのか。次のアンケートの結果を見ていこう。

次ページ本業を活かせるのが副業のイイところ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。