『年功序列的生き方は可能か?』(21歳男性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

『年功序列的生き方は可能か?』(21歳男性)

終身雇用の崩壊、成果主義の導入などにより、日本人の「働き方」は激変。その結果、自身のキャリアに迷えるビジネスパーソンは増えていくばかりだ。これまでの古い「昭和的価値観」から抜けだし、新たな「平成的価値観」を身に付けるためにどうすればいいのか。日本の人事制度を知り尽くした城繁幸氏が、あなたの悩みにお答えします。

CASE:5

『年功序列的生き方は可能か?』(21歳男性)

<相談者の悩み>

 はじめまして。現在21歳の大学三年生です。就職を控えた現在、どういった仕事につくか日々思い悩んでいます。自分としては、正直「バリバリ働きたい」とか「世界をまたにかけて」なんていう気はあまりなく、できれば自分の生活を第一にしたいと考えています。人事制度も、リターンの大きい反面、常に厳しく成果を求められる業種よりは、年功序列でゆっくりでも着実に働けるほうが性に合っていると思っています。

 いろいろなニュースや書籍を見るにつけ、時代は既に年功序列ではないということは理解していますが、それでもすべての業種がそうだとは思えません。業種によっては、年功序列は残っているのでしょうか?そして、すばり「比較的、年功序列が残っている仕事」とはどんなものでしょうか?

 なんだか後ろ向きな質問ですいません…。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。