『上司に転職を申し出たところ…』(32歳男性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

処方箋:『淡々と就業規則に従えばよい』

 ですが「なんだ、じゃあしょうがないですね」とはいきません。彼は本来マネージャーとしてそれらを行う義務があり、そのために高給をもらっているわけですから。もっと言うなら、そういう管理職のポストをいつまでたっても見直そうとしない企業側にも責任があると言えるでしょう。

 このように書くと残酷かもしれませんが、もう時代は変わったのです。
 
 月内のいつでも都合の良い日にちを退職日として指定するだけで結構です。後は上司と会社側が責任を持つべきですし、実際はそうするでしょう(法的なアクション起こされたりとか、次のキャリアにペナルティになるようなことは何も心配ありません)。

 最後に一つ。転職を申し出ると、こんなことを言うオールドタイプがいます。

「『立つ鳥、後を濁さず』だ!一区切りつくまで会社のために働け!」

 一見すると、言ってることは正論に見えますが、じゃああんた自身はどうなのかと聞いてやってください。管理職としての権限と報酬を受け取りながら、本当にそれだけの職責を果たしてきたのかと。

 飛びたたんとする鳥に小言をいうのも良いですが、その水、最初から濁ってはいませんでしたか、と。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナショックの大波紋
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。