『上司に転職を申し出たところ…』(32歳男性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

『上司に転職を申し出たところ…』(32歳男性)

終身雇用の崩壊、成果主義の導入などにより、日本人の「働き方」は激変。その結果、自身のキャリアに迷えるビジネスパーソンは増えていくばかりだ。これまでの古い「昭和的価値観」から抜けだし、新たな「平成的価値観」を身に付けるためにどうすればいいのか。日本の人事制度を知り尽くした城繁幸氏が、あなたの悩みにお答えします。

CASE:7

『上司に転職を申し出たところ…』(32歳男性)

<相談者の悩み>

 はじめまして。32歳エンジニアです。実は三ヶ月前に別の企業への転職が決まり、直後に上司には「一ヵ月後に転職のため退職したい」と伝えました。「残念だけど、しょうがないね」と言われたものの、感触は悪くなかったように思います。

 ところがそれ以来、まったく引継ぎや後任者の話がありません。何度話しても「もうちょっと待ってくれ」の一点張り。転職先には引き継ぎのめどがたつまで待っていただいているのですが、さすがに二ヶ月経過すると、これ以上は待ってくれとは言いづらくなってきました。

 そこで先日、今月内に退職日を確定してくれるよう申し入れたところ、「おまえ自身が後任を見つけてくるまでは認めるわけにはいかない」と断言されてしまい、困惑しています。こういう時に採るべき対応はどのようなものでしょう?

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT