『一番年齢の近い先輩とは10歳差が…』(30歳男)

城繁幸の非エリートキャリア相談

『一番年齢の近い先輩とは10歳差が…』(30歳男)

終身雇用の崩壊、成果主義の導入などにより、日本人の「働き方」は激変。その結果、自身のキャリアに迷えるビジネスパーソンは増えていくばかりだ。これまでの古い「昭和的価値観」から抜けだし、新たな「平成的価値観」を身に付けるためにどうすればいいのか。日本の人事制度を知り尽くした城繁幸氏が、あなたの悩みにお答えします。

CASE:10

『一番年齢の近い先輩とは10歳差が…』(30歳男)

<相談者の悩み>

 こんにちは。30歳メーカー勤務の男です。業務は購買関係の事務職で、仕事的にはやりがいもあり、職場の人間関係にも不満はありません。

 ですが、一つだけ非常に気になることがあります。それは職場の極端な年齢構成です。実は自分の前後数年にまったく人がおらず、直近の先輩で10歳も離れている状態です。全然採用をしていないというわけでもなく、毎年それなりに新人は採っていますが。これは要するに「会社として全然重要視していない部門」ということでしょうか?

 また、今後のキャリアパスについても不安です。上の世代が全員管理職になったとすると、ひょっとして部員は自分一人?と想像するだけで足が震えます。飲み会の幹事や荷物運びといった“若手向けの雑用”を、30過ぎてもずっとやり続けないといけないと思うと、すごくブルーになります。

 ちなみに、目標管理は数年前から導入していますが、実際には年功序列色がかなり濃い社風です。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。