自然体 自分のサッカーを貫けば、道は開ける 遠藤保仁著

自然体 自分のサッカーを貫けば、道は開ける 遠藤保仁著

サッカーW杯日本代表不動のボランチとして活躍する著者の熱い想いと、独創的なサッカー哲学を語った一冊。

前回のドイツ大会では、ベンチに入りながらもピッチに立つことができなかった唯一のフィールドプレイヤーとして辛酸を舐めるも、挫けることなくJリーグ通算70得点以上を叩き出す。それはひとえに、焦らず腐らず「自然体」でプレーしてこられたからだ。直感を研ぎ澄まし、迷いなく決断しているので、いいプレーにつながることが多い。中村俊輔が「完璧主義者」なら、自分は「気分屋」だろう。ファンの度肝を抜くといわれるあの「コロコロPK」は、GKが重心をかける足を見つつ、先に動いた逆に蹴る。それが彼の技術だ。

小学館101新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。