コカ・コーラBJH、「619億円減損」の根本理由

自販機事業が落ち込み、予期せぬ水害被害も

コカ・コーラBJHは2年前に経営統合したが、今期は最終赤字に転落することになった(記者撮影)

コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス(以下、コカ・コーラBJH)が再編から2年で早くも試練を迎えている。

アメリカのコカ・コーラ社の国内最大ボトラーである同社は8月7日、今2019年12月期の通期業績見通しを下方修正した。売上高は9233億円(前期実績9273億円)と従来計画から変更はないものの、最終損益は567億円の赤字(同101億円の黒字)に転落する。

今期2回目の下方修正、主因はのれんの減損

下方修正は今期2回目。最終赤字の主因は、2017年4月の経営統合に伴って発生したのれん約619億円を全額減損として計上するためだ。

コカ・コーラBJHは国内に5社あるボトラーの1社で、アメリカのコカ・コーラ社の100%子会社である日本コカ・コーラ社から原液を仕入れ、完成品を製造して販売している。かつて日本に17社あったボトラー各社は1999年から統合を開始し、5社に集約された。

コカ・コーラBJHは2017年にコカ・コーラウエストがコカ・コーライーストジャパンを買収して誕生。国内コカ・コーラブランド販売量の実に9割近くを扱っている。

2017年の経営統合の際、約619億円ののれんが発生した。日本の会計基準では、のれんを毎年一定額ずつ償却するが、コカ・コーラBJHは2018年からIFRS(国際会計基準)を採用している。

IFRSでは原則として毎期ののれん償却を行わない代わりに、減損テストを行って「統合時の将来計画が現実的に達成不可能」と判断されれば、減損処理することになる。

次ページ中期経営計画の目標は大幅に下方修正
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT