『社内でのキャリアチェンジは可能か?』(38歳男性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

処方箋:『長い目で見れば、賢明な選択』

 この組織の中では、「別の部門への本人希望による異動」というのは、完全にイレギュラーなことです。ただ、無理かというとそうでもなく、むしろ現在の事業部側は歓迎するはずです。

 というのも、管理職手前の従業員がだぶついている自部門の状況に、事業部サイドも彼らなりに危機感を感じているものです。なんといっても、従業員の中でもっとも人件費の高い集団ですから。もし、ポストというキャリアパスを失った中高年社員たちが、一斉にモチベーションを失い、無気力化したら、ものすごく費用対効果の悪い集団に変貌するわけです。

 要するに、従業員に対する「専門職としてのキャリアパス整備」が必要なんですね。この重要性は、彼ら事業部側もしっかり認識しているはずです。

 ですので、流れとしては、まず直属の上司に相談されるべきでしょう。キャリアが生きる部署であれば、部門同士で話がつき次第、異動は十分可能なはずです。

 待遇についても、勤続年数をベースとした職能給制度下なら、たとえ新部門で経験不足だとしても、序列や給与が見直されることはまずありません。

 もちろん、一時的にはストレスも溜まるでしょう。15年以上在籍した部門を離れるわけですから。ただ、サラリーマン生活全体で見れば、まだ折り返し地点にも来ていないのです。新しいやりがいを求めて業務をチェンジする意義は、とても大きいはずです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング