「レンジローバーイヴォーク」は何が進化した?

初の全面刷新で乗り心地や注目装備は…

2代目となる新型レンジローバーイヴォーク(筆者撮影)

レンジローバーを筆頭に、レンジローバースポーツ、レンジローバーヴェラール、レンジローバーイヴォーク(以下「イヴォーク」)、ディスカバリー、ディスカバリースポーツと、2018年にブランド誕生から70周年を迎えたランドローバーは、いつのまにか充実したラインアップを擁するようになった。

近く新型ディフェンダーの登場も控えているという。その中には、パッと見てどれなのか判別のつきにくいモデルもなくはないが、イヴォークはしっかりキャラが立っていて、独自のポジションを確立している。

2008年にワールドプレミアされた「LRXコンセプト」(写真:Land Rover)

そのイヴォークが初のモデルチェンジを実施して2代目となった。思えば2008年にワールドプレミアされた「LRXコンセプト」の斬新なデザインには驚かされたものだ。当時は、「こうした前衛的なSUVのアイデアもあるのか」ぐらいの認識で、あまり現実味がないように感じていたら、ほどなくほぼそのままの姿でイヴォークとして市販化され、多くの人に衝撃を与えた。

国内外で高い評価を受けたイヴォーク

2012年3月に上陸した日本でも人気を博し、6年で累計約1万台を販売。モデル末期の昨年も約1300台がデリバリーされた。グローバルでも人気で、実に80万台以上が販売され、210を超える国際的な賞を受賞したという。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

注目度の高いモデルゆえ、イヴォークのニューモデルに期待していた人は大勢いるようだ。ただし、残念なことにイヴォークの象徴的存在であった3ドアクーペがない。

実のところ初代が2019年モデルになってほどなく、すでに生産がひっそりと終了していたのだが、独創的な存在として注目されたコンバーチブルともども、いまのところ新型にラインナップされる計画はないという。

次ページ3ドアクーペがなくなった理由
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT