「レンジローバーイヴォーク」は何が進化した?

初の全面刷新で乗り心地や注目装備は…

2代目となる新型レンジローバーイヴォーク(筆者撮影)

レンジローバーを筆頭に、レンジローバースポーツ、レンジローバーヴェラール、レンジローバーイヴォーク(以下「イヴォーク」)、ディスカバリー、ディスカバリースポーツと、2018年にブランド誕生から70周年を迎えたランドローバーは、いつのまにか充実したラインアップを擁するようになった。

近く新型ディフェンダーの登場も控えているという。その中には、パッと見てどれなのか判別のつきにくいモデルもなくはないが、イヴォークはしっかりキャラが立っていて、独自のポジションを確立している。

2008年にワールドプレミアされた「LRXコンセプト」(写真:Land Rover)

そのイヴォークが初のモデルチェンジを実施して2代目となった。思えば2008年にワールドプレミアされた「LRXコンセプト」の斬新なデザインには驚かされたものだ。当時は、「こうした前衛的なSUVのアイデアもあるのか」ぐらいの認識で、あまり現実味がないように感じていたら、ほどなくほぼそのままの姿でイヴォークとして市販化され、多くの人に衝撃を与えた。

国内外で高い評価を受けたイヴォーク

2012年3月に上陸した日本でも人気を博し、6年で累計約1万台を販売。モデル末期の昨年も約1300台がデリバリーされた。グローバルでも人気で、実に80万台以上が販売され、210を超える国際的な賞を受賞したという。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

注目度の高いモデルゆえ、イヴォークのニューモデルに期待していた人は大勢いるようだ。ただし、残念なことにイヴォークの象徴的存在であった3ドアクーペがない。

実のところ初代が2019年モデルになってほどなく、すでに生産がひっそりと終了していたのだが、独創的な存在として注目されたコンバーチブルともども、いまのところ新型にラインナップされる計画はないという。

次ページ3ドアクーペがなくなった理由
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT