マイクロソフト戦記 世界標準の作られ方 トム佐藤著

マイクロソフト戦記 世界標準の作られ方 トム佐藤著

1980年代から90年代初頭、IT業界の黎明期にOSのデファクトスタンダードを狙ってしのぎを削るマイクロソフト。日本法人のウィンドウズプロダクトマネージャーとしてその最前線にいた著者は、ウィンドウズが業界標準になりえた理由に、核としてのテクノロジーと、市場のコンセンサスを得るための戦略および関係者とのネットワークの重要性をあげる。いかに業界を巻き込むか、だと。

アスキーと共同開発したMSXでの失敗、次々に現れては消える新規格に撤退していくPCメーカーとの攻防、そしてウィンドウズ3・0の勃興。デファクトスタンダード誕生までのリアルでスリリングな、まさにマイクロソフトの“戦い”の記録である。

新潮新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。