マイクロソフト戦記 世界標準の作られ方 トム佐藤著

マイクロソフト戦記 世界標準の作られ方 トム佐藤著

1980年代から90年代初頭、IT業界の黎明期にOSのデファクトスタンダードを狙ってしのぎを削るマイクロソフト。日本法人のウィンドウズプロダクトマネージャーとしてその最前線にいた著者は、ウィンドウズが業界標準になりえた理由に、核としてのテクノロジーと、市場のコンセンサスを得るための戦略および関係者とのネットワークの重要性をあげる。いかに業界を巻き込むか、だと。

アスキーと共同開発したMSXでの失敗、次々に現れては消える新規格に撤退していくPCメーカーとの攻防、そしてウィンドウズ3・0の勃興。デファクトスタンダード誕生までのリアルでスリリングな、まさにマイクロソフトの“戦い”の記録である。

新潮新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。