大恐慌を駆け抜けた男 高橋是清 松元崇著 ~高橋財政、今日の状況に有益で新鮮な洞察を与える

大恐慌を駆け抜けた男 高橋是清 松元崇著 ~高橋財政、今日の状況に有益で新鮮な洞察を与える

評者 大和総研常務理事チーフエコノミスト 原田 泰

 本書は、高橋是清の事績を、明治以来の財政史に位置づけたものである。そうすることによって、彼が何を目的にしていたかについて、また、明治大正昭和の財政について、新しい視点を与えている。

たとえば、政権にあった政友会(高橋が蔵相を務めていた)は地方への税源移譲を進めていたが、憲政会は地方への補助金の増額を求めていたという。地方は、自ら徴収の税金であれば大切に使うだろうが、国からの補助金であれば他人の金として使うだろう。政友会が放漫財政、憲政会が財政規律という一般の理解とは異なる。これ以外にも、新鮮な指摘が多い。

日本は、麻生内閣の掛け声にもかかわらず、現在の世界金融危機から、真っ先に抜け出せそうではない。しかし、高橋は、世界大恐慌から最初に日本を救った。世界大恐慌の真っただ中の1933(昭和8)年、日本は繁栄する孤島だった。なぜそうなれたのか。高橋は何をしたのか。繁栄していたにもかかわらず、日本はなぜ無謀な戦争にのめりこんでいったのか。本書はこれらの問いに対して一つの答えを与えている。

高橋は、高い金利は産業振興を妨げるという信念をもっていた。井上準之助蔵相の行った、円を過大評価したままでの金本位制への復帰には反対だったが、金本位制に反対ではなかった。金本位制は、外資流入を盛んにし、日本の金利を下げ、産業を振興する優れた制度だと考えていたという。だから、金本位制を維持するために金利を高くするのでは、本末転倒と考えていたのだろう。

高橋は、常にプラグマティックに物事を判断していた。さらに、生産と消費が均衡を得るには、適正量の通貨供給に待つしかないと、アメリカ大恐慌研究の先駆となる理解をしていた。金本位制からの離脱と低金利政策、日銀引き受けによる国債の発行、それによる財政支出の増加を行った。しかし、財政拡大は一時的で、すぐさま歳出の抑制に戻っている。

高橋は景気回復に成功したが、それがたまたま満州事変後の時期と一致した。人々は満州事変が景気回復をもたらしたと誤解し、それが軍部の力を強めることになった。軍部は、農村助成を含めた財政の抑制に努める高橋を農民の敵としたが、多くの農村の若者が戦場で死ぬことになった。満州に富はなく、国内経済を犠牲にして満州を発展させていただけだった。国民生活は疲弊したが、それは英米の対日敵対政策のせいだと認識されたという。

本書は、高橋財政について、今日の状況にも有益な洞察を与えている。

まつもと・たかし
内閣府政策統括官。1952年生まれ。東大法学部卒業後、大蔵省入省。米スタンフォード大MBA取得。熊本県企画開発部長、銀行局中小金融課金融会社室長、主税局総務課主税企画官、主計局調査課長、主計局主計官、主計局総務課長、大臣官房参事官兼審議官、主計局次長などを経る。

中央公論新社 1890円  350ページ

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT