「楽しい席」を盛り下げてしまう人に欠けた視点

退屈な話でも「感じよく」反応したほうがいい

場を盛り下げないための会話術をご紹介します(写真:つむぎ/PIXTA)

誰かと話していて、どうも会話が盛り上がらないということはあります。

話がかみ合わず、合間合間で生まれる無言の時間。お互いに無理をしているのがわかるだけに非常につらいものです。

とくに、これが仕事の場合、無理にでも話を盛り上げて、相手との距離を近づけておきたいという場面はあるでしょう。こうしたとき、純粋に技術的に盛り上げるのならば、どのような方法があるのでしょうか?

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

言っておきますが、「絶対に盛り上がる話のネタ」みたいなのを用意しておいて、それに頼るのは、あまりお勧めしません。どんな面白い話もハマる人とハマらない人がいるからです。

それよりは、1つのことを意識してみましょう。それは、自分が楽しく話をするのと、相手と話が盛り上がるのは、まったく別だということ。

つまり、話を盛り上げるだけなら、なにもこちらが無理をして話をする必要はないのです。むしろ、聞き手のポジションに回って相手に気分よく話をさせるほうがはるかに効率的でしょう。

大原則「聞き手が絶対有利」

そこで重要になるのが「聞き方」です。

本連載では、連載の性質上、話し方についてばかり解説してきましたが、実際のコミュニケーション・交渉において、「聞き方」というのは、話し方と同じくらいに重要です。

これは大原則ですが、あらゆるタイプの話し合いにおいて主導権を握るのは、話す側ではなく、つねに聞く側です。

実際、かの西洋哲学の祖・ソクラテスも、「自分は何も知らない」と公言して、自分からはなにも積極的には主張せず、意識的に「聞く側」に立って質問をしていくことだけで、国中の賢者を次々と論破し、哲学の世界を制覇していったといいます。

次ページ話は聞いて盛り上げる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT