「メキシコとの合意、移民問題解決に寄与」

S・ムニューシン米財務長官インタビュー

6月8日、ムニューシン米財務長官は不法移民対策を巡ってメキシコと合意したことについて、国境の移民問題を解決するというトランプ大統領の意向に沿った内容と語った。写真はG20財務相・中央銀行総裁会合に出席したムニューシン氏。6月8日、福岡市で撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon/Pool)

[福岡市 8日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は8日、不法移民対策を巡ってメキシコと合意したことについて、米南部国境の移民問題を解決するというトランプ大統領の意向に沿った内容と語った。一方、メキシコが合意を履行しなければ、トランプ大統領は関税を課す権限を保持する、ともけん制した。

トランプ大統領は5月末、メキシコの不法移民対策の不備を理由にメキシコ製品に制裁関税を課すと表明。6月10日から5%関税がかけられるはずだったが、メキシコは不法移民対策の強化で合意、トランプ政権はメキシコ製品への制裁関税発動を無期限で停止すると表明した。

ムニューシン財務長官は、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の合間、ロイターのインタビューで「合意により移民問題は解決されると信じる。これは大統領にとって極めて重要だ」と指摘。

長官は「メキシコが約束を守り、われわれが関税を導入する必要がないよう期待しているが、そうでない場合、大統領は(関税を課す)権限を保持している」とも主張した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT