歯科医が明かす、頭を抱える「困った患者さん」

医師がぐっと飲み込んでいる本音

治療にまったく協力的でない患者さんに出会ったこともあります。

40代の女性は歯周病が進行し、歯槽骨がかなり失われている歯がありました。「どうしても歯を残したい」と他院から紹介されてやってきたのですが……。

若林健史(わかばやし けんじ)/歯科医師。若林歯科医院院長。1982年、日本大学松戸歯学部卒業。1989年、東京都渋谷区代官山にて開業。2014年、代官山から恵比寿南に移転。日本大学客員教授、日本歯周病学会理事、日本臨床歯周病学会副理事長を務める。歯周病専門医・指導医として、歯科医師向けや一般市民向けの講演多数。テレビCMにも出演(写真:AERA dot.)

歯石を取り除くためのフラップ手術は歯ぐきが下がって、見た目が悪くなるので拒否。歯周病菌を減らすための抗生剤の服用も嫌だと言います。

こうなったら器具が届く範囲でのプラーク除去、歯石除去を徹底するしかありません。そして、何より大切なのが自宅でのブラッシングです。

ところが、いくらお願いしてもこれをきちんとやってくれないのです。

検診のたびにプラークがべったりこびりついていました。また、歯周病を悪化させるたばこも一向に控えてくれません。

予約も遅れたり、キャンセルしたりが続き、ある日、久しぶりに来院されたときは歯ぐきが大きく腫れ、歯槽骨はほとんど消滅。歯はグラグラでした。

「さすがに抜かないとダメですね」

とお話しすると、

「抜かなくてすむようにずっと通っていたのに、それはおかしい」

とブチ切れられてしまいました。

途中で治療をやめて他の歯科医院に行ってしまう

困った、といえばもう一つ、途中で治療をやめて他の歯科医院に行ってしまうケースです(皆さんにも経験があるでしょう)。そして、さらにまた治療途中で戻ってくる場合。口の中の様子が変わっているので、何も言われなくても、すぐにわかるのですが、困ってしまうのはそのことによって治療計画を変えなければならなくなることです。

歯科医師が変われば治療方針も微妙に違ってきます。(こちらの考えでは)削らずに治療をしようとしていたものが他の歯科医院で削られてしまったことで、新たな治療法を検討しなければならなくなることがしばしばあるのです。

いかがでしたか? 具体例を出してみましたが、実はこうした患者さんに私が頭を抱えることはあっても、治療に対するモチベーションがなくなることはまったくありません。むしろ逆に、「いい治療をして患者さんの気持ちを変えてみせる。『やっぱり、ここに来てよかった、先生に治してもらってよかった』と言わせてみせるぞ」

と、奮起するようになりました。

もちろん、お話ししてきたように、すべてがうまくいくわけではありません。しかし、横柄な患者さんや、「信用できないな、本当によくなるの?」などとあからさまに言ってくる患者さんが、治療が進むにつれ、笑顔になり、信用してもらえるケースもまた、たくさん経験してきました。

そのたびに、私は心の中でガッツポーズをしているのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT