「前に出ないと気が済まない」上司の危うい思考

イエスや老子から学ぶリーダーに必要な素質

しかし、リーダーが1人で頑張って成果が出るのは、運がよくても短期間です。『昇格した途端「偉そう」に振る舞う上司の心理』の記事でも指摘したように、リーダーが主体的にチームを引っ張るのではなく、チームメンバーにある程度の裁量を与えたほうが、メンバーの満足度も業績も上がることを認識しましょう。

つまり、援護に回ることでこそ、上からも下からも評価されてリーダーとしての寿命が長くなるのです。

いくつかの組織論を分析したところによると、「『失敗してもいい仕事』に早いうちにチャレンジさせる」のは、非常に有効な任せ方のようです。スタンフォードでは、しばしば「Fail early, fail often」(早く失敗し、たくさん失敗しなさい)と学生に伝えます。早いうちにたくさん失敗して、その失敗から学んでほしいという精神の表れです。

小さな決定権を与える

ピクサーも、「部下にいかに早く、小さな失敗を経験させるか」を大切にしているといいます。大きな失敗をさせると部下は潰れてしまいますが、早い段階で小さな失敗をさせれば、それを糧に成長できるからです。

助け舟を出すときにも、あくまで「小さな助け舟」にとどめ、代わりにやってしまってはいけません。小さな決定権を与え、小さな失敗をさせる――これが大きな成長を促し、チームに成果をもたらすポイントです。

「忙しくて時間がない」というリーダーも、サーバント・リーダーシップと真逆のことをやってしまっている危険性があります。

これは、「マイクロマネジメント」というもので、部下の仕事の細かいところまでチェックして、何から何まで手を出そうとする管理手法です。部下の仕事を奪い、全部自分でやろうとしているために時間がなくなります。

しかし、あまりに細かく部下の仕事ぶりをチェックすると、かえってモチベーションやパフォーマンスが下がることが、研究によって判明しています。

次ページアメリカ海軍で実験した
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。