米中貿易協議の行方に楽観するこれだけの理由

中国は最終的に大きく譲歩せざるを得ない

4月、訪米中の劉鶴副首相と会談するアメリカのトランプ大統領(写真:AP/アフロ)

東京市場が10連休の間、上海市場も5月1日のメーデーからゴールデンウィーク休場となった。連休中に発表された4月の製造業PMI(購買担当者景気指数)が前月に比べて若干弱かったこともあって、香港市場は重たい展開を続けていたが、1-3月期の景気回復を受け、今後の市場見通しについて依然楽観的なムードが漂っていた。

とりわけ、株式投資の神様として崇拝されているウォーレン・バフェット氏が、自身が率いる投資会社バークシャー・ハサウェイの株主総会で「中国株への投資を拡大する」と表明したことで、連休明け後、中国株式市場は「紅五月」(明るい5月)を迎えるのではないかと、期待感を抱いている投資家が少なくなかったはずだ。

楽観シナリオが一気に雲散霧消

しかし、連休明けのタイミングを見計らったかのように、5月5日、ドナルド・トランプ大統領はツイッターを通じて、2000億ドル(約22兆円)相当の中国製品に課する関税を現在の10%から25%へ引き上げ、5月10日から実施すると突然発表した。その理由について、トランプ大統領は「米中貿易協議の進展が遅すぎる」ことを挙げた。

これまでは、5月8~9日に米中貿易協議の中国側の責任者である劉鶴副総理が訪米し、最終合意を迎えるのではないかとの楽観シナリオが一般的だった。しかし、トランプ大統領のツイッターによりこうした楽観論が一気に雲散霧消した。

次ページ楽観シナリオはなぜ崩れたのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT