米中貿易協議の行方に楽観するこれだけの理由

中国は最終的に大きく譲歩せざるを得ない

4月、訪米中の劉鶴副首相と会談するアメリカのトランプ大統領(写真:AP/アフロ)

東京市場が10連休の間、上海市場も5月1日のメーデーからゴールデンウィーク休場となった。連休中に発表された4月の製造業PMI(購買担当者景気指数)が前月に比べて若干弱かったこともあって、香港市場は重たい展開を続けていたが、1-3月期の景気回復を受け、今後の市場見通しについて依然楽観的なムードが漂っていた。

とりわけ、株式投資の神様として崇拝されているウォーレン・バフェット氏が、自身が率いる投資会社バークシャー・ハサウェイの株主総会で「中国株への投資を拡大する」と表明したことで、連休明け後、中国株式市場は「紅五月」(明るい5月)を迎えるのではないかと、期待感を抱いている投資家が少なくなかったはずだ。

楽観シナリオが一気に雲散霧消

しかし、連休明けのタイミングを見計らったかのように、5月5日、ドナルド・トランプ大統領はツイッターを通じて、2000億ドル(約22兆円)相当の中国製品に課する関税を現在の10%から25%へ引き上げ、5月10日から実施すると突然発表した。その理由について、トランプ大統領は「米中貿易協議の進展が遅すぎる」ことを挙げた。

これまでは、5月8~9日に米中貿易協議の中国側の責任者である劉鶴副総理が訪米し、最終合意を迎えるのではないかとの楽観シナリオが一般的だった。しかし、トランプ大統領のツイッターによりこうした楽観論が一気に雲散霧消した。

次ページ楽観シナリオはなぜ崩れたのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。