「薬物依存の過去」を海外セレブが隠さない理由

アベンジャーズ俳優と「薬物」との苦しい戦い

「アベンジャーズ」でも有名な俳優のロバート・ダウニー・Jr。彼が語った「薬物依存の恐怖」とは?(写真:Han Myung-Gu/WireImage/GettyImages)

日本と違ってアメリカでは、薬物やアルコールなど「依存症に苦しんだ過去」を、芸能人たちが隠すことは少なく、むしろ積極的に語っている。

この秋出版される回想録で、女優のデミ・ムーアは、離婚や摂食障害、アルコール依存症に苦しんだ過去を、赤裸々に語る予定だ。そして、5月末にアメリカ公開されるエルトン・ジョンの伝記映画『ロケットマン』は、彼が薬物依存症の更生施設に入所するところから始まる。主演のタロン・エガートンによると、依存症の部分を隠さずにはっきり描くことは、プロデューサーでもあるジョンが望んだという。

世間のイメージが大事なスターたちが「自分の醜い部分」をわざわざ見せるなんて、考えられないと思うかもしれない。だが、この手の告白は、ハリウッドでよくあることだ。

ブラピが語った「依存症」の苦しみ

昨年には、ブラッド・ピットが、アメリカ版『GQ』のインタビューに対し、若い頃から毎日必ず、マリファナ、酒、タバコなど何か悪いものを使っていたと語った。子供を持ってからは酒以外をやめたが、「飲酒のプロ」を自認する飲みっぷりだったことから、一時は妻であったアンジェリーナ・ジョリーに完全親権を取られそうになっている。

ブラッド・ピットもアンジェリーナ・ジョリーも「依存症」に苦しんだ(写真:Michael Kovac/Getty Images Entertainment)

わが子を誰よりも愛する彼は、これですっかり目が覚めたようで、「僕の尿は、今、L.A.で一番きれいだよ」と、その記事の中で述べていた。

一方でジョリーも、若い頃には相当に危険なドラッグをやっている。もうずいぶん長い間、慈善事業に熱心で、6人の子供のやさしい母のイメージを押し出してきた彼女だが、『トゥームレイダー』のロケでカンボジアを訪れ、世の中の現実を目にするまでは、奔放でワイルドなセクシー女優として知られていた。

数年前、ジョリーは、テレビのインタビューでその頃を振り返り、「昔、自分は最悪のものに手を出した。死んでいてもおかしくなかった」と語っている。最近では、『ハロウィン』のジェイミー・リー・カーティスが、処方薬に依存していた過去をあらためて語った。

彼ら彼女らには、共通点がある。それは依存症に苦しんだのが過去の話であり、今は違うということだ。立ち直ろうという気もない人、治療の途中にある人は、こんなことを語らない。彼らがこういった黒歴史を語るのは、けじめであり、新たな人生の宣言であり、他者への啓発、励ましなのである。

次ページ「薬物依存症」に苦しんだアベンジャーズ俳優
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT