フェイスブック、いきなり「方針転換」の危うさ

ウィーチャット型「個人の対話重視」目指す

ベンチャーキャピタル、アンドリーセン・ホロウィッツの投資家であるコニー・チャンは最近、アレン・チャンについてこう記している。「彼は中国のIT界においてアーティストであり哲学者として有名で、ユーザーエクスペリエンスを低下させるすべてのものに対抗する強い使命を持つことでも知られている」。

テンセントの財務部門がウィーチャット内の広告を増やそうとした際、アレン・チャンは多くの社内抗争を闘った。今年行った4時間にわたる演説でチャンは、中国の多くのモバイルアプリでは当たり前になっているトップページの広告をはじめ、なぜウィーチャットは広告を多く掲載しないのかという疑問に答えた。

「ユーザーの親友の顔に広告を掲載できるか?」

アレン・チャンによれば、多くの中国人はオンラインで過ごす時間の約3分の1をウィーチャットに費やしている。「ウィーチャットが人間だとしたら、ユーザーがたくさんの時間を共にしたいと思うような親友にならなければならない」とチャンは説明した。「ユーザーの親友の顔に広告を掲載することなどできるだろうか? 会うときは決まって、対話する前に広告を見なければならなくなる」。

チャンが恵まれているのは、テンセントが収益の大半をオンラインゲームから得ているため、収入源として広告を販売する必要がないことだ。

テンセントが発表した2018年第3四半期の決算によると、ウィーチャットを含むソーシャル広告の収益は前年比61%増で、決済サービスを含む「その他事業」は同69%増だった。

広告収入に基づくビジネスモデルを変えようとしているザッカーバーグには、テンセントほどの資金の余裕はない。彼がやろうとしていることは決して簡単ではない。

「ザック(ザッカーバーグ)は明らかにプライバシー保護とフェイクニュースに関するフェイスブックの問題に対処しようとしているが、収益化する能力に大きな影響を及ぼすだろう」と、セブンシーズ・パートナーズ(カリフォルニア州)のベンチャーキャピタリスト、アイヴィー・リーは指摘する。

リーはさらにこう続ける。「フェイスブックはますます分極化する社会において、公共のスペースとプライベートなスペースとのバランスを追求しようとしている。最終的には両方から見捨てられる可能性もある」。

(執筆:Li Yuan、翻訳:中丸碧)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT