「年明け早々やる気がない人」のヤバい思考

お正月はやる気満々だったのに

私は、目標実現の専門家として1万人以上の方々の夢や目標の加速実現をサポートする機会に恵まれました。その中には、オリンピック選手をはじめ、世界で活躍するトップモデル、次世代を担う経営者、ビジネスパーソン、ベストセラー作家の方などがいます。

こうした人たちのメンタル面をサポートしてきたことで得たさまざまな知見、最新脳科学・アドラー心理学などをベースに、「自己肯定感が低くて、なかなかうまくいかない」と悩む方々のサポートをし、わかったことがあります。それは、自己肯定感が低いのは、その人の性格が原因ではない。ましてや、その人の能力が劣っているわけでもないということです。

気合いを入れるだけでは意味ない

ただ、「自己肯定感が低いままの人」には、共通点があります。それは、なんとなく陥っている思考パターンです。ここでは、年明けによくある自己肯定感を下げてしまう5つの「思考パターン」をご紹介していきます。

思考パターン1:気合い系

「年明けだから頑張らなければ」と、体調不良や睡眠不足、過労などを無視して、とにかく「気合い」で頑張ります。年明け3日間くらいは、ロケットスタートしたおかげで、思った通りに過ごせます。そのため、「今年はいけるのでは」「今年は過去最高の1年になりそう」という期待が高まります。

ですが、仕事始めを過ぎたあたりから、疲労感・疲弊感から「何もしたくない」「集中できない」「誰にも会いたくない」「どこにも行きたくない」というネガティブな状態になり、結果的に自己肯定感を下げてしまいます。

思考パターン2:あれもこれも系

新しい年を迎えて、「あれも、これもやりたい」と考える人は、「さあ、心機一転、最高の年にするぞ!」と、夢も希望もいっぱいで1年をスタートすることができます。

しかし、「あれもこれも」すべてをしようとするために、時間に追われ、一向に減らないTo Do Listを見てやる気を失っていきます。頑張っているはずなのに、本当にやりたいことに取りかかる時間がないまま、疲労感、焦燥感、虚しさとともに1日を終えることが多くなり、結果的に自己肯定感を下げてしまいます。

思考パターン3:あきらめちゃう系

新しい年を迎えたものの、体調不良や正月ボケなどでスタートダッシュができなかった人に多いパターンです。年始に無理にスタートダッシュしなかったおかげで、余力はあります。今からマイぺースで行動し始めれば、成果を出すのに十分な時間はあります。

次ページ自己肯定感を上げるにはどうしたらいいか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT