『ベンチャーに入ってみたものの…』(30歳・男性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

『ベンチャーに入ってみたものの…』(30歳・男性)

終身雇用の崩壊、成果主義の導入などにより、日本人の「働き方」は激変。その結果、自身のキャリアに迷えるビジネスパーソンは増えていくばかりだ。これまでの古い「昭和的価値観」から抜けだし、新たな「平成的価値観」を身に付けるためにどうすればいいのか。日本の人事制度を知り尽くした城繁幸氏が、あなたの悩みにお答えします。

CASE:29

『ベンチャーに入ってみたものの…』(30歳・男性)

<相談者の悩み>

 都内のベンチャー企業に勤務する30歳の者です。業種はWeb関連の広告業で、自分は新卒で入社以来、一貫して営業を担当しています。

 会社は小さいものの、そこそこ安定しており、仕事もやりがいはあるのですが、問題が無いわけではありません。それは今後のキャリアパスが見えてこないという点です。

 マネージャーポストは数が少ない上、創業時からの生え抜きがどんと構えており、たまに入れ替わりがあっても、たいてい外部から転職してきた人間が横滑りで入る形です。

 昇給自体もほとんどなく、年収ベースでは新卒時からあまり変わっていない状況です(大企業に就職できた同期とは、既に200万円近い差がついています)。

 もう少し頑張って結果を出すべきか。それとも、30歳を節目に、別の会社に転職すべきか。そもそも、自分のようにベンチャーで営業しか経験していない人間でも、他社に採用されるものでしょうか?合わせてアドバイスいただけると助かります。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。