寄り付きの日経平均は続伸、一時2万円台回復

全業種上昇、終値でも2万円を維持できるか

 12月27日、寄り付きの東京株式市場で日経平均は前営業日比379円13銭高の1万9706円19銭となり、大幅続伸した。写真は都にの株価ボード前で2013年12月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 27日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で日経平均は前営業日比379円13銭高の1万9706円19銭となり、大幅続伸した。その後、上げ幅を700円超に拡大し、2万円台を回復している。

前日の米国株市場で主要3指数が急反発したことや為替が前日から円安方向に振れていることが安心材料。東証1部33業種全てが上昇する全面高商状で、石油・石炭製品、鉱業、海運、保険などが値上がり率上位となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT