寄り付きの日経平均は続伸、一時2万円台回復

全業種上昇、終値でも2万円を維持できるか

 12月27日、寄り付きの東京株式市場で日経平均は前営業日比379円13銭高の1万9706円19銭となり、大幅続伸した。写真は都にの株価ボード前で2013年12月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 27日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で日経平均は前営業日比379円13銭高の1万9706円19銭となり、大幅続伸した。その後、上げ幅を700円超に拡大し、2万円台を回復している。

前日の米国株市場で主要3指数が急反発したことや為替が前日から円安方向に振れていることが安心材料。東証1部33業種全てが上昇する全面高商状で、石油・石炭製品、鉱業、海運、保険などが値上がり率上位となっている。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。