寄り付きの日経平均は続伸、一時2万円台回復

全業種上昇、終値でも2万円を維持できるか

 12月27日、寄り付きの東京株式市場で日経平均は前営業日比379円13銭高の1万9706円19銭となり、大幅続伸した。写真は都にの株価ボード前で2013年12月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 27日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で日経平均は前営業日比379円13銭高の1万9706円19銭となり、大幅続伸した。その後、上げ幅を700円超に拡大し、2万円台を回復している。

前日の米国株市場で主要3指数が急反発したことや為替が前日から円安方向に振れていることが安心材料。東証1部33業種全てが上昇する全面高商状で、石油・石炭製品、鉱業、海運、保険などが値上がり率上位となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT