寄り付きの日経平均は続伸、一時2万円台回復

全業種上昇、終値でも2万円を維持できるか

 12月27日、寄り付きの東京株式市場で日経平均は前営業日比379円13銭高の1万9706円19銭となり、大幅続伸した。写真は都にの株価ボード前で2013年12月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 27日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で日経平均は前営業日比379円13銭高の1万9706円19銭となり、大幅続伸した。その後、上げ幅を700円超に拡大し、2万円台を回復している。

前日の米国株市場で主要3指数が急反発したことや為替が前日から円安方向に振れていることが安心材料。東証1部33業種全てが上昇する全面高商状で、石油・石炭製品、鉱業、海運、保険などが値上がり率上位となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。