「JKビジネス」にからめとられる少女らの現状

村木厚子さんが拘置所で見た日本の課題

日本の公的支援はすべての面でJKビジネスや性風俗に負けている(写真:まちゃー / PIXTA)
かつて検察による冤罪事件に巻き込まれ、そののち厚生労働事務次官まで務めた村木厚子さん。その経験を踏まえて日本型組織の問題点を語った『日本型組織の病を考える』(角川新書)を上梓した村木さんが、新たに闘っているのが「JKビジネス」だという。拘置所の彼女が見た「日本の闇」とは何か? 孤立と孤独と困窮に立ちすくむ少女たちのため、大人ができることとは――。

孤独な少女たちを受け止めるJKビジネスの実態

2009年、私はいわゆる郵便不正事件で大阪地方検察庁特別捜査部に逮捕され、その約1年3カ月後に無罪判決を受け、復職しました。いかにして私が国家の暴走に巻き込まれ、そこでどう行動したかについては自著でも詳しく語っていますが、取り調べを受けていた時、次のような質問を検事にしました。

「あの女の子たちは何をしたんですか」

私が勾留されていた大阪拘置所には、未決囚だけでなく、刑務作業として食事や洗濯物などを運ぶ女性受刑者がいました。みんなかわいらしく、化粧をしていないすっぴん姿のせいか、とても幼く見えました。

「薬物が多いですね。売春もいます」

驚きました。目の前の彼女たちとそれらの犯罪とが、結び付かなかったからです。

無罪が確定して職場に復帰し、生活困窮者支援の仕事を担当した時に、拘置所で見た少女たちの姿が目に浮かびました。仕事を通じて、貧困、虐待、ネグレクト(育児放棄)、家庭内暴力など、家庭的に厳しい環境に置かれた少女たちがたくさんいるのを知りました。

お金がない、住むところがない、信頼できて相談できる人がいない……孤立と孤独と困窮に立ちすくむ少女たちを結果的に受け止めているものがあります。JK(女子高校生)ビジネスや性風俗、AV(アダルトビデオ)のスカウトなどです。

JKビジネスは、女子高校生くらいの年代の少女たちに接客などをさせるビジネスのこと。これらの性産業に取り込まれていく過程で、少女たちは薬物依存症の被害に遭ったり、摂食障害となったり、早すぎる妊娠や出産を経験したりします。そして事件に巻き込まれ、拘置所や刑務所に来ることになってしまうのです。

次ページ出合ってはいけないものが「夜の街」にある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。