コニカミノルタ「直営プラネタリウム」の実力

コピー機メーカー知名度拡大の切り札

「会社のブランド維持向上に重要」(コニカミノルタ幹部)との認識もあり、経営計画においても同社の映像事業の一角として「成長分野の位置づけにある」(持田氏)という。

VR(仮想現実)のヘッドセットをつけて星空を眺めるプログラムも(写真:コニカミノルタ)

プラネタリアTOKYOに2つあるドームシアターの1つは「多目的デジタルドームシアター」と名付けられ、記事冒頭で触れた演劇と合わせたプラネタリウムの上映以外にも、ドーム全体に投影される映像を生かした企業の発表会や会議場としての利用が想定されている。持田氏は「外部からの提案を歓迎し、映像で何ができるかを一緒に考え続けたい」と新しい試みを継続させたい考えを示した。

VRコンテンツにも注力

またドームシアターと併設したVR施設も映像事業の新たな試みだ。映像全体が視界を覆う「没入感」という点でプラネタリウムとVRは親和性があると判断し、コニカミノルタプラネタリウムは2017年からVRに注力してきた。

今回の施設では同時に最大24名が同一のバーチャル空間を体験できるコンテンツを導入。バーチャル空間の利用拡大も見据え、「今後はより一層VRの映像開発に注力する」(持田氏)。プラネタリウムの直営館も「機会があれば東京以外の主要な地方都市に展開していきたい」(同)と意気込む。

プラネタリウムを自ら復権させた老舗機器メーカーは、これまで培った技術力とコンテンツ力で新しい映像体験を提供できるか。プラネタリアTOKYOはその先駆けの場所になりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT