26歳元サッカー選手が漫画出版にかける勝機

海外で成仏させた選手人生、今は社長に転身

サッカー選手としての現役引退後、サッカーマンガを作るべく自身で会社を立ち上げた丸山氏(筆者撮影)

今年の国内サッカーシーズンも間もなく終わる。

振り返ると今夏のロシアワールドカップでは、3位になったベルギーを日本代表がベスト16であと一歩まで追い詰め、「ロストフの14秒」は多くのサッカーファンの心に刻まれた。

ACLでは鹿島アントラーズが初制覇を果たし、アジアの頂点に立った。今年は例年以上に日本がサッカーに沸いた1年だったと言える。現在はクラブワールドカップも盛り上がりを見せている。

そんな日本サッカー界の盛り上がりを特別な思いで見守る“元プロサッカー選手”がいる。

丸山龍也、26歳。

丸山氏は柴崎岳、宇佐美貴史、武藤嘉紀などのいわゆる“プラチナ世代”の1人であり、ほんの1年前までは自身もサッカー選手としてさらなる高みを目指していた。

しかし、アンダー世代から注目を集めてきた彼らと異なり、エリートコースとは程遠い選手生活を歩んできた。そのサッカー人生は波乱万丈そのものだった。

国内地域リーグから海外クラブのテストを受験し、選手生命を揺るがす大怪我を乗り越えてスリランカ、リトアニアでプレーした。約1年の浪人期間を経て、2017年にスペインでプロテストに挑戦。契約には至らず、現役を引退した。

現在は2018年8月にJリーグ54クラブのホームタウンを舞台とした、ご当地サッカーマンガを制作する株式会社ワンディエゴ丸出版社を立ち上げ、代表取締役として多忙な日々を送る。

引退を決意した瞬間

私が前回、丸山氏と会ったのは2016年1月のこと。彼はまだリトアニアでプレーしていた。その時、「日本代表の座をまったく別のルートから虎視眈々と狙っていく」と熱く語っていたのを覚えている。ゆえにワールドカップの夢舞台に立ち、選手として脂が乗り切った同年代の姿をテレビ越しで見ればみるほど、悔しいものはないだろうと思っていた。

リトアニア時代の丸山氏(丸山氏提供)

事実、丸山氏は2018年のサッカー日本代表のワールドカップメンバー入りは「自身のサッカー人生そのものだった」と自身の「note」にその思いをつづっていた。

しかし、丸山氏は現役への未練はないと言い切る。

その理由は選手としての最後の挑戦にあった。

2017年、丸山氏はサッカー強豪国スペインの、3部リーグクラブのテストを受験する機会を得た。場所はリーガ・エスパニョーラに属するアトレティコ・マドリードの練習場。世界最高峰の環境で行われたテストではっきりと『選手としては厳しい』と告げられた。自分には絶対に届かない場所がある。そう悟って引退を決意した。

次ページサッカー選手・丸山龍也は“成仏”した
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型ジムニー買っちゃった
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?