テレビの「替え歌CM」が最近増えている背景

ドコモとLINEモバイルCMが人気のヒミツ

料金1,980円訴求「細川たかしさん」篇
 あなたのお気に入りのCMは、何位にランクインしているだろうか?
CM総合研究所が毎月2回実施しているCM好感度調査は、東京キー5局でオンエアされたすべてのCMを対象として、関東在住の男女モニターが、好きなCM・印象に残ったCMをヒントなしに思い出して回答するものだ。
最新の2018年11月後期(2018年11月5日~11月19日)調査結果から、作品別CM好感度ランキングTOP30を発表。その中から、CM総研が注目するCMをピックアップして、ヒットの理由に迫る。

期間中に放送された3196作品のうち、CM好感度1位に輝いたのは『au』三太郎シリーズの新作で、一人ひとりが自分に合ったプランを選ぶことができる豊富なバリエーションを、ネタを自由に選べる回転寿司に例えて訴求した。

続く2位は、映画盗撮防止キャンペーン「NO MORE 映画泥棒」をパロディー化した『SoftBank』だ。気づかぬうちにスマホのデータ容量が消費されていることを「ギガ泥棒」と表現し、頭部がスマホの形をした“ギガ泥棒”や“パトランプ男”が登場。

毎月50GBまで利用できるデータ容量に加えて、対象の動画サービスやSNSが使い放題となる料金サービス「ウルトラギガモンスター+(プラス)」をパントマイムを織り交ぜたダンスでアピールした。SoftBankは10月にも、ホットパンツ姿の菊川怜がスマホの上に座って「キャッ!」と驚き、「だーいすき!」とウインクするといった『ハズキルーペ』のパロディーCMで話題を集めた。

モニターの感想からは「映画のCMに出てくるキャラが出演していて驚いた」「映画館で流れる『NO MORE 映画泥棒』のパロディで攻めてる感じがいい。おもしろい」「菊川怜さんのハズキルーペをパロディしたと思ったら、今度は映画泥棒。次は何だろう」と関心を持って見ていることがわかる。

新曲よりも「誰もが知っている楽曲」が使われる理由

既製のコンテンツの魅力や知名度を活用するという意味では、“替え歌”も同じ効果を期待できる。3位の『NTT DOCOMO』のCMでは細川たかしが『とんちんかんちん一休さん』のメロディーに乗せ「♪ドコドコドコモのスマホで イッキューパッ」と歌い、機種やプランの条件を満たせば家族3人で1人当たり月額1980円からスマホを利用できるというコストパフォーマンスの良さを訴求した。

『LINEモバイル』は、本田翼が『いい湯だな』に合わせてブランド名を連呼。合いの手として「スマホ代、月300円から」「ほんとに、ほんとだよ!」などと料金の安さをアピールし、自己最高のCM好感度で4位にランクインした。CMを好きと答えた理由を15項目から問う「CM好感要因」の「音楽・サウンド」の項目では、11月5~19日の期間中にオンエアされたCMのうちこの2作品がツートップとなった。

次ページノリの良い音楽でつい見てしまう
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。