「中国封じ込め」に転換か、西側新戦略の内実

ファーウェイCFO逮捕が示すもの

保釈に関する審理の様子。左端がファーウェイCFOの孟晩舟容疑者。今回の逮捕の背後にあるものとは?(法廷イラスト:Jane Wolsak / REUTERS)

12月1日、中国の大手通信機器メーカー、ファーウェイの孟晩舟CFOがカナダ・バンクーバーで逮捕された。アメリカ政府の要請によるものだという。米中首脳会談で一定の進捗があったと思われた矢先の出来事だ。これはいったいどう理解すればいいのだろうか。

筆者は、この背景には西側諸国の対中戦略の大転換の動きが存在すると考えている。

ケナンのX論文

1947年、ロシア通のアメリカ外交官ジョージ・ケナンは「X」というペンネームで、スターリン下のソ連の膨張主義を指摘し、論壇に強い警鐘を鳴らした。これは、いわゆるX論文と呼ばれるもので『Foreign Affairs』の1947年7月号に掲載されている。

当時のソ連は、アメリカなど西側民主主義国にとって、第2次世界大戦を共に戦った同盟国。フランクリン・ルーズベルト大統領は、大戦中にすでに始まっていた戦後の国際秩序の検討の中で、ソ連を不可欠のパートナーとして構想し、その遺志は国際連合として実現されていた(Georg Schild  1995  “Bretton Woods and Dumbarton Oaks”)。

それに対し、ケナンのX論文はソ連を長期にわたって厳しく監視し(「封じ込め」)、その自壊を待つべきと指摘した。

このX論文は指導者たちに大きな衝撃を与えたが、半世紀続く冷戦時代の西側の政治経済の大戦略の嚆矢(こうし)となり、歴史に名を残した。ケナン自身は封じ込めの手段として外交を重視し、その後の米ソの核戦力競争などには終始批判的だった(Nicholas Thompson  2009  “The Hawk and the Dove”)が、事態はケナンの指摘どおりに動いた。「冷戦戦略」は1991年に結実し、ソ連は崩壊した。長年のライバルの消滅により、西側の大戦略自体も不要となった。

次ページ中国への異例の警告を発したペンス演説
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。