NY市場、ドル指数が1年4カ月ぶりの高値

米利上げ観測や欧州リスクでユーロなど下落

 11月12日、ニューヨーク外為市場は、ドルが対主要通貨バスケットで1年4カ月ぶりの高値を付けた。2017年4月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[ニューヨーク 12日 ロイター] - ニューヨーク外為市場は、ドルが対主要通貨バスケットで1年4カ月ぶりの高値を付けた。来月の米利上げ観測が広がる中、欧州の政治リスクがユーロや英ポンドを圧迫した。

英国が合意なしの欧州連合(EU)離脱に踏み切る可能性や、イタリアの予算案を巡る欧州域内の対立激化に対する懸念を背景に、ドルが押し上げられた面もある。

主要6通貨バスケットに対するドル指数<.DXY>は0.64%高の97.527。一時、昨年6月以来の高値(97.578)を記録した。

米国株式市場が大きく値下がりしたため、ドル指数の上値は重かった。

英ポンドが対ドル<GBP=D3>で0.98%安の1.2852ドル、ユーロは英ポンドに対して小幅安の87.455ペンス。EUや所属政党から離脱合意への支持が得られるのか、メイ首相の手腕に疑問を投げ掛ける声が強まった。

ユーロ<EUR=EBS>は対ドルで一時、0.82%下落して1.124ドルと、昨年6月以来の安値に沈んだ。イタリアの来年予算を巡る同国と欧州委員会の緊張関係や、イタリア銀行部門の脆弱性を巡る懸念が、ユーロの重しとなった。

米国時間の取引は、ベテランズデーのため債券市場が休みとなり低調だった。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、ドルのG10通貨に対するネットロングポジションは先週304億ドルと、2015年以来の高水準に達した<NETUSDG10=>

ブラックロックのストラテジストは「世界の不透明感が強まり、米国と他国の間で利回り格差が拡大することは(ドルの)支援材料となるが、価格水準が高く、一段高を制約する可能性もある」と分析した。

ドル/円 NY終値 113.83/113.84

始値 113.86

高値 113.90

安値 113.67

ユーロ/ドル NY終値 1.1217/1.1219

始値 1.1260

高値 1.1278

安値 1.1216

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT