NY市場、ドル指数が1年4カ月ぶりの高値

米利上げ観測や欧州リスクでユーロなど下落

 11月12日、ニューヨーク外為市場は、ドルが対主要通貨バスケットで1年4カ月ぶりの高値を付けた。2017年4月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[ニューヨーク 12日 ロイター] - ニューヨーク外為市場は、ドルが対主要通貨バスケットで1年4カ月ぶりの高値を付けた。来月の米利上げ観測が広がる中、欧州の政治リスクがユーロや英ポンドを圧迫した。

英国が合意なしの欧州連合(EU)離脱に踏み切る可能性や、イタリアの予算案を巡る欧州域内の対立激化に対する懸念を背景に、ドルが押し上げられた面もある。

主要6通貨バスケットに対するドル指数<.DXY>は0.64%高の97.527。一時、昨年6月以来の高値(97.578)を記録した。

米国株式市場が大きく値下がりしたため、ドル指数の上値は重かった。

英ポンドが対ドル<GBP=D3>で0.98%安の1.2852ドル、ユーロは英ポンドに対して小幅安の87.455ペンス。EUや所属政党から離脱合意への支持が得られるのか、メイ首相の手腕に疑問を投げ掛ける声が強まった。

ユーロ<EUR=EBS>は対ドルで一時、0.82%下落して1.124ドルと、昨年6月以来の安値に沈んだ。イタリアの来年予算を巡る同国と欧州委員会の緊張関係や、イタリア銀行部門の脆弱性を巡る懸念が、ユーロの重しとなった。

米国時間の取引は、ベテランズデーのため債券市場が休みとなり低調だった。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、ドルのG10通貨に対するネットロングポジションは先週304億ドルと、2015年以来の高水準に達した<NETUSDG10=>

ブラックロックのストラテジストは「世界の不透明感が強まり、米国と他国の間で利回り格差が拡大することは(ドルの)支援材料となるが、価格水準が高く、一段高を制約する可能性もある」と分析した。

ドル/円 NY終値 113.83/113.84

始値 113.86

高値 113.90

安値 113.67

ユーロ/ドル NY終値 1.1217/1.1219

始値 1.1260

高値 1.1278

安値 1.1216

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT