ZOZO前澤社長、「第2の創業期」の不安な船出

成長のカギ握るプライベートブランドが未達

7月の会見では自信満々の前澤友作社長だったが…(撮影:梅谷秀司)

10月1日にスタートトゥデイから社名変更し、“第2の創業期”をスタートさせたZOZO。だが、その船出は不安を伴うものとなった。

国内最大のファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するZOZOは10月31日、2019年3月期の中間決算を発表した。売上高は537億円(前年同期比25%増)、営業利益は100億円(同27%減)の増収減益となった。

主力のゾゾタウン事業は出店ブランドも増え、手数料収入が拡大した一方、足を引っ張ったのが今年始めたPB(プライベートブランド)事業だ。同社のPB「ZOZO」の商品は、無料配布中の採寸用ボディスーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」での計測データに基づき、オーダーメード生産に近いかたちで顧客の体型に合ったサイズを届けるのがウリ。今年1月以降、ジーンズやシャツ、ビジネススーツなど商品のバリエーションを拡充してきた。

PBの売り上げ目標は未達に

しかし、4~9月末までのPBの累計売上高は6.5億円で、計画した約16億円には届かなかった。通期計画の売上高200億円も未達となる可能性がある。ゾゾスーツの開発・仕様変更や、無料配布に伴うコストもかさみ、会社全体の利益を大きく圧迫した。

「また発送が延期されたんですよね」。ZOZOのビジネススーツを7月7日に注文した20代の会社員の男性はため息をつく。同商品が発売された7月3日、前澤友作社長は「(初回受注分は)8月にお届けする」と語っていたが、想定を上回る受注があったためか、男性が注文した時点では9月末から10月上旬のお届けと案内された。

次ページ相次ぐ商品の遅延
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。