スズキ、今期営業利益予想を「小幅増額」

4輪と2輪の販売上方修正、7-9月期は減益に 

 11月1日、スズキは、2019年3月期の連結営業利益が前期比6.5%減の3500億円となる見通しと発表した。従来予想から100億円上乗せする。写真はスズキのロゴ。昨年10月に東京で撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 1日 ロイター] - スズキ<7269.T>は1日、2019年3月期の連結営業利益が前期比6.5%減の3500億円となる見通しと発表した。従来予想から100億円上乗せする。

7―9月期は営業減益

7―9月期は新興国通貨安が響いて営業減益となったが、4―9月期累計の実績を反映した。為替前提の見直しも織り込んだ。日本とインドの四輪、アジアの二輪の世界販売計画をそれぞれ引き上げた。

リフィニティブがまとめたアナリスト22人の予想平均値は4113億円で、会社の修正した営業利益予想は市場予想を下回る。

今期の純利益予想は従来の2050億円から2200億円に上乗せする。今期の売上高は従来予想の3兆8000億円を据え置いた。

今期の前提為替レートは、1ドル=108円(従来は105円)、1インドルピー=1.56円(同1.65円)、100インドネシアルピアは0.77円(同0.78円)、1タイバーツ=3.35円(同3.30円)にそれぞれ見直した。1ユーロは従来の130円のままとする。

今期の四輪の世界販売計画は従来から3万9000台増となる333万9000台とした。日本を2万2000台上乗せし、69万7000台とした。インドも従来の6%増から8%増に引き上げた。

今期の二輪の世界販売計画も6万2000台増の170万8000台に上方修正した。インドやインドネシアなどで伸びた。

<7―9月期は減益>

同日発表した18年4―9月期の連結決算によると、営業利益は前年同期比14.8%増の1985億円だった。7―9月期の営業利益は同6.6%減の820億円となった。

 

(白木真紀)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。