フィリップモリス、たばこの値上げ幅を縮小

6月申請時の値上げ幅を縮小して再申請

 8月23日、フィリップモリスジャパン(東京都千代田区)は、10月のたばこ増税に伴う紙巻たばこの値上げ申請について、6月に行った値上げ幅を縮小して認可の再申請をしたと発表した。認可が得られれば、10月1日から価格改定を行う。写真はクトナー・ホラ で2012年8月撮影(2018年 ロイター/Petr Josek Snr)

[東京 23日 ロイター] - フィリップモリスジャパン(東京都千代田区)は23日、10月のたばこ増税に伴う紙巻たばこの値上げ申請について、6月に行った値上げ幅を縮小して認可の再申請をしたと発表した。認可が得られれば、10月1日から価格改定を行う。

主要銘柄のマールボロブランドは、6月の申請時よりも値上げ幅を10円圧縮。例えば、マールボロ・ボックスは、現行470円が510円となる。また、ラークの一部製品は価格を据え置くほか、ラーク100ボックスは420円から450円へ30円の値上げ(訂正)となる。同社では「直近のたばこ市場における動向などを総合的に考慮したもの」と説明している。

加熱式たばこ「アイコス」のヒートスティックについては、全9銘柄で1箱40円値上げし、現行460円を500円にする申請内容に変更はないという。

(清水律子)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。