フィリップモリス、たばこの値上げ幅を縮小

6月申請時の値上げ幅を縮小して再申請

 8月23日、フィリップモリスジャパン(東京都千代田区)は、10月のたばこ増税に伴う紙巻たばこの値上げ申請について、6月に行った値上げ幅を縮小して認可の再申請をしたと発表した。認可が得られれば、10月1日から価格改定を行う。写真はクトナー・ホラ で2012年8月撮影(2018年 ロイター/Petr Josek Snr)

[東京 23日 ロイター] - フィリップモリスジャパン(東京都千代田区)は23日、10月のたばこ増税に伴う紙巻たばこの値上げ申請について、6月に行った値上げ幅を縮小して認可の再申請をしたと発表した。認可が得られれば、10月1日から価格改定を行う。

主要銘柄のマールボロブランドは、6月の申請時よりも値上げ幅を10円圧縮。例えば、マールボロ・ボックスは、現行470円が510円となる。また、ラークの一部製品は価格を据え置くほか、ラーク100ボックスは420円から450円へ30円の値上げ(訂正)となる。同社では「直近のたばこ市場における動向などを総合的に考慮したもの」と説明している。

加熱式たばこ「アイコス」のヒートスティックについては、全9銘柄で1箱40円値上げし、現行460円を500円にする申請内容に変更はないという。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。