「いい男は皆結婚済み」と思う独身女性の限界

人生もお金もネガティブになってませんか?

ここでもう一度A子さんとB子さんの違いを見てみましょう。A子さんにとって結婚は「依存」です。誰かに幸せにしてもらうことを漠然と期待しているので、自分自身の人生なのに「結婚というパーツがないから」と保留状態にします。「自分にとって、幸せとはなにか?」もあいまいなので、結婚したとしても、「与えられる生活」に不満を抱く確率も高そうです。

一方、B子さんは、「家庭を持ちたい」という自分の気持ちにとても素直に行動します。「自分にとっての幸せとはなにか」も、より具体的にイメージできているので、価値観を共有し共に暮らす「パートナー」という観点で結婚相手を考えます。幸せを具現化するので、ライフプランもより明確になります。「自分の人生は自分で作るもの」という主体的な気持ちがあるのです。

結婚は「ゴール」ではない

さらに言うと、A子さんは結婚を1つのゴールだと思っている節がありますがB子さんは「結婚はスタート」だという考えです。これは大きな意識の差です。ゴールならその先にはあまり興味を持てません。スタートだと思うのとは、意識が絶対的に違うのです。

人生にはたくさんリスクが潜んでいます。転職やリストラ、病気になることもあります。希望通りのキャリアが積めるとも限りませんし、家庭でも子どもを計画通り授かる人ばかりではありません。しかも子育ては想定外の連続です。だからこそ、ライフプランを描くことが大切なのです。「どうせ予定通りの人生なんてないのだから」と思うのは間違いで、変化することを前提に、しかしつねに思い描く「幸せ」を求めるための道筋を考えること、これがライフプランの重要なポイントです。

幸せな結婚がやってくることを待っているA子さんの場合、結婚しても今後の生活はB子さんよりリスキーだと言わざるをえません。「人生は相手次第」と思っていると、毎月一定額を夫から渡されやりくりすることに疑問も抱かず、家計全体として資産があるのかないのか、どういう保険に入るべきかにも興味を持ちにくいのです。働くことに対してもあまり主観的になれないので、「夫の万が一」の時など、さまざまな人生の変化の局面で対応が難しいのです。

しかし、A子さんの名誉のために言っておくと、何か人間として落ち度があるわけでも何でもありません。子どものころからいつか、「自分も優しい母のような専業主婦になりたい」と思っていたとのことです。それぞれの幸せを否定する権利などありません。なので、A子さんには少し今までとは違うイメージを持ってもらいました。10年後の「自分」、20年後の「自分」、30年後の「自分」です。話を進めるうちに少しずつA子さんにも「自分軸」が見えてくるのがわかります。

「たかが結婚相手選びに」と思う人もいるかもしれませんが、一時が万事です。人生は自分で作るものとぜひ主体性をもって、今の自分、これからの自分を考えてみていただければと思います。まずは「私の人生を幸せにする」ことを考えると、自分にかかわる大切な人達の「幸せ」が前提であることがわかります。「話し合い、共感しあいながらパートナーとライフプランを考える」――。読者のみなさんの参考になれば本当に幸いです。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?