ホンダ、通期営業利益予想を100億円上積み

通期想定為替レートは1ドル=107円に見直し

 7月31日、ホンダは、2019年3月期通期の連結営業利益予想を上方修正したと発表した。メキシコ水害の影響や原材料価格の高騰などがあったものの、二輪車の販売増加、コスト削減効果などにより、従来予想の7000億円から100億円上積みする。写真はジュネーブで3月撮影(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

[東京 31日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は31日、2019年3月期通期の連結営業利益予想を上方修正したと発表した。メキシコ水害の影響や原材料価格の高騰などがあったものの、二輪車の販売増加、コスト削減効果などにより、従来予想の7000億円から100億円上積みする。

通期の営業利益予想は前期比14.8%減の7100億円。トムソン・ロイターが算出したアナリスト21人の予測平均値は8087億円で、修正後の数値は市場予想を下回っている。

通期の想定為替レートは1ドル=107円(期初予想は105円)に見直した。

通期の世界四輪販売計画は528万5000台と従来の537万5000台から下方修修正した。北米の販売を194万台と従来の201万5000台から引き下げた。

同時に発表した18年4―6月期連結決算(国際会計基準)によると、営業利益は前年同期比11.2%増の2993億円だった。アナリスト6人の予測平均値は2500億円で、実績は市場予想を上回った。

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。