東京オリンピックのチケットは「2500円」〜

2019年春から販売を開始

 7月20日、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は東京五輪のチケット価格概要を発表した。写真は建設中の新国立競技場。東京で18日撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 20日 ロイター] - 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、東京五輪のチケット価格概要を発表。競技の一般チケット価格は最低価格が2500円からで、チケット全体の半分以上が8000円以下で購入可能となった。

開会式の最高価格は30万円と設定された。2012年ロンドン五輪では開会式の最高価格が2618ドル(約29万1600円)だった。 競技で最高価格がつけられたのは陸上競技の13万円。

チケットは日本国内では組織委が直接販売し、大会公式チケット販売サイトを通じて販売するとともに、2020年にはチケット販売所を通じた販売も行う予定とした。2019年の春から販売を開始する。 海外在住者向けの価格帯についてはまだ発表されていない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT