東京オリンピックのチケットは「2500円」〜

2019年春から販売を開始

 7月20日、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は東京五輪のチケット価格概要を発表した。写真は建設中の新国立競技場。東京で18日撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 20日 ロイター] - 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、東京五輪のチケット価格概要を発表。競技の一般チケット価格は最低価格が2500円からで、チケット全体の半分以上が8000円以下で購入可能となった。

開会式の最高価格は30万円と設定された。2012年ロンドン五輪では開会式の最高価格が2618ドル(約29万1600円)だった。 競技で最高価格がつけられたのは陸上競技の13万円。

チケットは日本国内では組織委が直接販売し、大会公式チケット販売サイトを通じて販売するとともに、2020年にはチケット販売所を通じた販売も行う予定とした。2019年の春から販売を開始する。 海外在住者向けの価格帯についてはまだ発表されていない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT