東京オリンピックのチケットは「2500円」〜

2019年春から販売を開始

 7月20日、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は東京五輪のチケット価格概要を発表した。写真は建設中の新国立競技場。東京で18日撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 20日 ロイター] - 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、東京五輪のチケット価格概要を発表。競技の一般チケット価格は最低価格が2500円からで、チケット全体の半分以上が8000円以下で購入可能となった。

開会式の最高価格は30万円と設定された。2012年ロンドン五輪では開会式の最高価格が2618ドル(約29万1600円)だった。 競技で最高価格がつけられたのは陸上競技の13万円。

チケットは日本国内では組織委が直接販売し、大会公式チケット販売サイトを通じて販売するとともに、2020年にはチケット販売所を通じた販売も行う予定とした。2019年の春から販売を開始する。 海外在住者向けの価格帯についてはまだ発表されていない。

関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。