フィンランドで「妻担ぎ」レース世界選手権

リトアニアの夫婦が優勝

 7月7日、フィンランド中部ソンカヤルビで、カップルのうち1人がパートナーを背負って走る「妻担ぎ」競走の世界選手権が開かれ、今年はリトアニアの夫婦(写真)が優勝した。提供写真(2018年 ロイター/Lehtikuva/Timo Hartikainen)

[ソンカヤルビ(フィンランド) 7日 ロイター] - フィンランド中部ソンカヤルビで7日、カップルのうち1人がパートナーを背負って走る「妻担ぎ」競走の世界選手権が開かれ、今年はリトアニアの夫婦が優勝した。

主催者によると、今年は13カ国から53組が参加。米国、英国、スウェーデン、エストニアを含む国では、世界大会に出場するカップルを決める予選が行われた。

リトアニアの夫婦は、数千人の観衆が見守る中、これまで6回優勝したことのあるフィンランドのカップルを破って勝利した。

関連記事
トピックボードAD
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。