フィンランドで「妻担ぎ」レース世界選手権

リトアニアの夫婦が優勝

 7月7日、フィンランド中部ソンカヤルビで、カップルのうち1人がパートナーを背負って走る「妻担ぎ」競走の世界選手権が開かれ、今年はリトアニアの夫婦(写真)が優勝した。提供写真(2018年 ロイター/Lehtikuva/Timo Hartikainen)

[ソンカヤルビ(フィンランド) 7日 ロイター] - フィンランド中部ソンカヤルビで7日、カップルのうち1人がパートナーを背負って走る「妻担ぎ」競走の世界選手権が開かれ、今年はリトアニアの夫婦が優勝した。

主催者によると、今年は13カ国から53組が参加。米国、英国、スウェーデン、エストニアを含む国では、世界大会に出場するカップルを決める予選が行われた。

リトアニアの夫婦は、数千人の観衆が見守る中、これまで6回優勝したことのあるフィンランドのカップルを破って勝利した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT